no title

1

2

3

【ブロッコリー】

最近、ニュースで「ブロッコリー」の文字を目にしたり聞いたりした、という方も多いかと思います。消費量が多く、国民生活上の重要性が高い品目として、キャベツや大根、玉ねぎやにんじんなど、現在合計14品目ある「指定野菜」に、2026年度からブロッコリーが加わるということで大きなニュースとなりました。

指定野菜に新たな品目が加わるのは、1974年にばれいしょ(じゃがいも)が追加されて以来、およそ半世紀ぶりだそうです。指定野菜は、国が需要の見通しを示すことで農家が計画的に生産する仕組みになるため、安定供給につながることが期待されています。ブロッコリーが追加された理由としては、野菜全般の中で際立って消費量が増えていること。ここ30年で2倍に増加したそうですから、今や私たちの食生活には欠かすことのできない野菜と言えるでしょう。

それではブロッコリーとはそもそもどんな野菜なのでしょうか?緑黄色野菜の一つですが、実は花蕾(からい)を食用とするキャベツの一種が、イタリアで品種改良されて、現在のブロッコリーになったとされています。明治時代初期に観賞用として日本に渡来したブロッコリーは、第二次世界大戦後に本格的に栽培が開始され、消費が拡大しました。昭和50年代になると健康的な食生活への関心が高まり、栄養価が高いブロッコリーが注目されたことで食用としての需要が高まっていきました。

ブロッコリーは、ビタミンB、ビタミンC、β-カロテン、ビタミンKや鉄分を豊富に含み、花蕾も茎の部分も食べることができます。食物繊維も多く含まれ、特に豊富なビタミンCは、茹でたあとでもレモンやイチゴよりも含有量が多いそうです。貧血を予防する鉄分や葉酸、カルシウムの吸収を助けるビタミンKなど、それぞれの栄養素の成分が多いことも嬉しいブロッコリーですが、吸収を助け合うための栄養素がバランスよく含まれることで、効率よく栄養を摂取することができる野菜です。お弁当に、炒め物に、サラダに、おつまみに。皆さんのお気に入りのブロッコリーのレシピは何でしょうか?

今日のお昼はブロッコリーと鯖缶を使ったペペロンチーノにしました。パスタと一緒にブロッコリーを茹でることで時短にもなり、手早くおいしく作ることができます。中村銅器製作所のアルミパンは、火力の調整がダイレクトに伝わり、強火・弱火の調整に対しての反応が早いのが特徴。そのため、パスタソースへの火の入り方が目に見えて分かりやすく、また、茹で汁を加えたときに短時間で乳化、蒸発するので、パスタが伸びることも防いでくれます。アルミは温度の上げ下げをしやすい素材、その強みを生かしたフライパンの使い心地の良さを、ぜひ味わってみてください。

中村銅器製作所 アルミパン
https://www.shokunin.com/jp/nakamuradouki/fryingpan.html
青龍窯 浅鉢
https://www.shokunin.com/jp/seiryu/asabachi.html
野田琺瑯 琺瑯容器
https://www.shokunin.com/jp/noda/

参考資料
https://www3.nhk.or.jp/news/special/sakusakukeizai/20240130/626/
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%83%BC
https://binanpasta.com/mackerelbroccolipeperoncino/ (レシピ)