S__135176196

S__135176198

S__135176199

S__135176200

S__135176201

S__135176202

S__135176203

【川崎市中央卸売市場北部市場】

都内から少し足を伸ばしておいしい海鮮が食べたい、というときの選択肢としておすすめしたいのが、神奈川県にある「川崎市中央卸売市場北部市場」です。主にスーパーマーケットや町の魚屋さん、八百屋さんなどの小売店が生鮮食品を仕入れる場所ですが、一般客も入場し、買い物や食事をすることができます。

北部市場は大きく水産棟、青果棟、関連食品売場棟に分かれていて、歩いていると魚介類、お肉、野菜に果物、調理器具やコーヒーなどさまざまなものが目に入ります。基本的に一般客が入場できる時間は、午前8時から午後1時まで。朝8時半ごろに入場しましたが、年末に訪れたこともあってか買い出しの人であふれ、すごい活気でした。市場の朝は早いため、お昼が近づくに連れて人も開いているお店も減っていきます。

関連棟の3階には市場食堂街があり、水産棟の新鮮な魚介類を使った丼や定食、天ぷらなどが食べられる定食屋や喫茶店などが並びます。目移りしますが、先日訪れてぜひご紹介したいと思ったのが、「シェット」というお店。どうやら「お刺身と洋食」がコンセプトだそうで、壁に大量に貼られたメニューがどれも魅力的で、メニューを選ぶのも一苦労ですがそれすらも楽しい時間です。

頼んだのは、海鮮丼、刺身盛り合わせ定食、まぐろ腹トロ定食、そして単品のカキフライ。運ばれてきた時のそれぞれのボリュームにまず驚きます。トロやエビなどのお刺身は肉厚で、口に入れると甘みが広がります。とろけたり弾力があったり、食感からもおいしさや鮮度が伝わってきて、まだ食べている最中なのに、「また来たいね」と口を揃えて話していました。ハンバーグやポークソテーなどの洋食メニューも気になりますが、次回来てもこの海鮮の誘惑には勝てない気がしています。

関連棟の1階には「調理室池田」というカフェが入っていて、こちらも大きな目的の一つだったのですが、全体を見て回ってご飯を食べたら営業時間に間に合いませんでした。市場で仕入れたマグロの切り落としから作った自家製ツナを使ったツナメルトサンドがおいしいそうなので、市場に行かれる方はぜひ私の代わりに訪れてみてください。

見どころの多い北部市場、営業時間が限られているため、なかなか時間勝負なところがありました。市場の開市日や休市日は川崎市のホームページに記載があるため、そちらを確認してからご訪問くださいませ。

川崎市中央卸売市場北部市場
https://www.city.kawasaki.jp/shisetsu/category/46-2-0-0-0-0-0-0-0-0.html
北部市場関連組合
https://ichibadeokaimono.jp/
シェット
https://maps.app.goo.gl/KY5hD35qYVJ1pCKm6
調理室池田
https://maps.app.goo.gl/Niu8mPbG6P88wev7A