S__134840323

S__134840325

S__134840326

S__134840327

S__134840328

S__134840329

S__134840330

S__134840331

【和食展】

「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されて、昨年で10年。先日、東京・上野の国立科学博物館で行われている「和食展」へ行ってきました。特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」、通称「和食展」は、世界中で更に注目の高まる和食を、バラエティー豊かな標本や資料と共に科学や歴史などの多角的な視点から紹介しています。

和食の基本には、日本の地質が大きく影響しているということを学びました。たとえば、出汁。日本の水は基本的に軟水ですが、軟水は水の中に成分が溶けて出やすいため、出汁を使う和食に適しているのです。ヨーロッパは硬水で、シチューなどの煮込み料理に適しているといわれています。水質のほかにも、きのこ、山菜、野菜、海藻、魚介類などの日本列島の多様な食材の存在も、和食という食文化に密接に関係しています。特に、日本で食べられている魚の種類は世界屈指で、魚の実物標本は想像以上の大きさに驚くものも多く、図鑑や本からは分からないサイズ感が一目で伝わりました。

展示の中で特に人だかりができていたものの一つが、雑煮文化圏マップ。角餅か丸餅か、焼くか煮るか、すまし汁か白みそか小豆汁か…などが日本地図に表されていて、同じ日本でも、同じお雑煮でもこんなに違うのか、とじっくり見てしまいます。これはいろんな地域出身の方と一緒に見ると、更に会話が盛り上がり知識も深まるのではないでしょうか?地図上で唯一のあん餅とされていた香川のお雑煮をいつか食べてみたくなりました。

展示の最後には開催地である上野のお店がいくつか紹介されており、その中から以前当店の記事にもあり行きたかった「みはし」へ行きました。展示を見たあとに食べるお雑煮もあんみつも絶品で、和食展へ行かれる方はその後「みはし」で休憩するのがおすすめのコースです。

和食展は、東京に始まり、山形、宮城、長野、愛知、京都、熊本と今年から来年にかけて全国を巡回します。この特別展は2020年に開催予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で中止となり、改めて今回開催されました。子どもからお年寄りまで身近なテーマであり、英語の解説もあるため海外からの方も楽しめる特別展です。お近くの地域で開催されるタイミングで、足を運んでみてはいかがでしょうか?

特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」
https://washoku2023.exhibit.jp/index.html
上野公園前 あんみつ みはし
https://www.mihashi.co.jp
みはしの記事
https://jp.shokunin.com/archives/52016661.html
銀座ショールーム
https://www.shokunin.com/jp/showroom/ginza.html

参考資料
https://www.asahi.com/articles/DA3S15775548.html