1

2

3

4

【ジャポニスム】

19世紀後半、ヨーロッパに日本画や工芸品などの日本美術がもたらされ、それらは「ジャポニスム(仏: Japonisme)」と呼ばれる流行を生みました。当時、西洋では盛んに万国博覧会が開かれており、そこに開国を迎えた日本の美術品が出展され、広く知られることになったのです。特に1862年ロンドン万博、67年パリ万博、73年ウィーン万博における出展が好評を博し、日本美術への関心が飛躍的に高まりました。

浮世絵などの日本美術が、印象派の芸術家たちに影響を及ぼしたことは広く知られています。ジャポニスムの流行当初は、着物や陶磁器、浮世絵などが作中の小道具として登場するなど、「ジャポネズリー(仏: Japonaiserie)」、すなわちジャポニスムの前段階とされる「日本趣味」の範疇でした。ゴッホの『タンギー爺さん』、マネの『エミール・ゾラの肖像』などはジャポネズリーを代表する作品です。しだいに芸術家たちは、浮世絵の構図や色彩、主題など、それまでの西洋美術には見られなかったさまざまな要素を自らの作品に取り入れ、新しい表現を追求するようになり、ジャポニスムが花開きました。

シンメトリーを重んじる西洋美術の伝統的な表現に対して、浮世絵の遠近法に縛られない大胆な構図や、一瞬を切り取ったスナップショットのような構図は衝撃をもたらします。特にモネの『サン・タドレスのテラス』やドガの『ダンス教室』などの作品にその影響を見ることができます。また、鮮やかな色彩や、くっきりとした輪郭線は、ゴッホやゴーギャンなどの作風に影響を与えました。さらに富嶽三十六景や東海道五十三次絵などの各地の名所といった題材も、日常性を求める印象派の画家たちの思想に通じ合ったと考えられます。

ジャポニスムは印象派の芸術家にとどまらず、有機的な曲線をふんだんに用いたアール・ヌーヴォーの装飾様式にも影響を与え、クリムトの「金の時代」と呼ばれる金箔を多用した作品たちもまた、琳派の影響だといわれています。日本からもたらされた作品は、古典的な美術が支持された時代に、新たな美術のスタイルを求める当時の芸術家たちに目新しく斬新なものに映ったことでしょう。それぞれの作品が、どのような背景を持ち、どういった作家から影響を受けたのかを考えながら鑑賞すると、新たな発見を得られるかもしれませんね。

参考資料
https://ja.wikipedia.org/wiki/ジャポニスム
https://ja.wikipedia.org/wiki/印象派#題材と構図
https://sfumart.com/column/10minart_34/
https://ja.wikipedia.org/wiki/接吻_(クリムト)
https://artscape.jp/artword/index.php/ジャポニスム