151118-1404

【イタリアの「貧乏人のパスタ」】

ちょっと衝撃的なネーミングですが、これがとても簡単で、そしてなんとも嬉しくなるおいしさなのです。「貧乏人のパスタ」、イタリア語で「スパゲッティ・デル・ポヴェレッロ」は、具に目玉焼きを使い、粉チーズと黒胡椒、塩で味付けしただけのシンプルなパスタです。

小笠原陸兆のフィッシュパンは、2人分の「貧乏人のパスタ」を作るのにぴったり。もちろん出来上がったら鍋ごと食卓へ持って行き、取り分けながら楽しく食べられます。

[材料と作り方] (2人分)

パスタ 200~240g
玉子 4個
にんにく 1かけ
オリーブオイル 大さじ2
パスタの茹で汁 適量
粉チーズ 適量
黒胡椒 適量
塩 適量

パスタを茹でている間に、フィッシュパンで大さじ2のオリーブオイルを加熱し、目玉焼きを2つ作ります。好みの加減に焼き上がったら、こちらは一旦取り出して更にもう2つ、目玉焼きを作ります。にんにくはつぶして玉子と一緒にフライパンに入れ、香りを引き出しましょう。黄身が半熟になった段階で、ターナーなどで目玉焼きを崩し、茹で上がったパスタの茹で汁を加え、パスタ、粉チーズ、塩を加えて手早く全体を混ぜ合わせます。最初に取り分けた目玉焼き2つをトッピングし、黒胡椒をかければ出来上がり。

名前こそ「貧乏人のパスタ」ではありますが、食べ終わるとどこか贅沢で満足な気分になるのは、素材のおいしさを簡単な味付けで引き出すのが得意な、イタリア料理が持つ文化そのものに触れているからかもしれません。

パスタが食べたいときに冷蔵庫に玉子しかなくても、基本的な調味料さえあれば作ることができます。ぜひお試しくださいませ。

小笠原陸兆 フィッシュパン
https://www.shokunin.com/jp/rikucho/fishpan.html
conte やくさじ
https://www.shokunin.com/jp/conte/yakusaji.html
一菱金属 すくいやすく返しやすいターナー
https://www.shokunin.com/jp/ichibishi/
柳宗理 ステンレストング
https://www.shokunin.com/jp/yanagisori/tongs.html
レシピ
https://www.instagram.com/p/CPFvyr5Ar33/