1

2

4

5

6

【薬膳的秋の養生】

日ごとに暑い日が少なくなり、季節は夏から秋へと移り変わっています。身体も、寒くなる季節に向かう準備をしておくと良い時期です。秋の始まりの時期は、夏の暑熱(しょねつ)がまだ残っている状態に、秋の乾燥が加わるという特徴があります。そこで気を付けたい臓器として「肺」があります。肺を潤し、咳や痰などの不調症状が出ないように食でケアを心掛けると良いとされています。身体を冷やす作用のある夏野菜を控え、秋の食材を取り入れた汁物を献立に加えることで快適な秋を過ごす助けになるかもしれませんね。

また、米、鶏肉、豆類、かぼちゃ、じゃがいも、長芋、しいたけ、さつまいも、鮭、鰆(さわら)などは、夏の疲れを改善して、気を補う食材とされています。肺の働きを助ける食材には、長芋、ゆり根、アーモンド、大根、柿、梨などがあります。「鰆」は春の魚と書きますが、地域によって旬が春と冬の2回あり、関東では「寒鰆」が好んで食べられています。春の鰆に比べて脂ののりがよく、DHAやEPAなどの栄誉素も豊富に含まれています。こうしてみると、なるほど、旬のものばかりが挙げられます。難しい知識より、季節感を感じて過ごすことが良いようです。昔から、旬のものを食べるのが健康に最も良いとされていますが、旬を意識した食生活の大切さを改めて感じます。

店頭には旬を迎えたキノコ類がたくさん並んできています。今は一年中手に入る食材ですが、やはり旬の時期に取り入れることで身体の働きを補うことに役立ちます。椎茸は疲労回復と免疫力アップ。シメジは便秘や美肌に。舞茸とマッシュルームも免疫力アップと体力増強に。こうして調べてみると、季節の変わり目に陥りやすい症状に作用することが分かります。

今日はスープを一つ、ご紹介します。余分な水分を代謝するチカラある「昆布」と、気を補う力のある「玄米」を組み合わせたスープです。

干ししいたけと玄米のスープ

(準備)
※玄米を洗い水気を切ってから、鉄フライパンで中火で炒って煎り玄米にします。
※椎茸は干して乾燥させます(市販のものでも良いですが、ザルや網に広げて室内に置いておくだけでも作れます)。

[作り方]
1. 耐熱の大きめの器に昆布と椎茸を戻し汁と共に入れます。この時、60℃程度の温度で戻すとおいしい出汁になります。
2. 1に煎り玄米を加えて、水分が足りなければ水を足します。
3. お好みで鶏肉やナツメ、クコの実なども加えて、器ごとセイロで蒸し、蒸しスープにします。青龍窯の鉢は、山一の中華せいろに入れてスープを蒸すのにちょうど良いサイズです。食材にもよりますが、15分前後の蒸し時間で玄米の栄養もそのままに、旨味たっぷりの食べる薬膳スープが出来上がります。味付けは味噌を溶くのもよし、塩や塩麹でも、お好みでどうぞ。

山一 中華せいろ
https://www.shokunin.com/jp/yamaichi/seiro.html
青龍窯 鉢
https://www.shokunin.com/jp/seiryu/hachi.html
小笠原陸兆 フライパン
https://www.shokunin.com/jp/rikucho/fryingpan.html
FD STYLE フライパン
https://www.shokunin.com/jp/fdstyle/fryingpan.html