1

IMG_9278

151118 205

【甘酒】

甘酒には米麹で作る麹甘酒と、日本酒を絞った酒粕で作る甘酒の2種類があります。今回は夏にふさわしく麹甘酒の魅力をお伝えいたします。

麹の「甘酒」は夏の季語であり、夏バテに効果があるとされています。麹甘酒は麹と米と水で作られていて、麹の酵素の働きで米のデンプンが分解され、ブドウ糖が生成されて甘味となります。海外ではa non-alcoholic rice drinkと表されるように、酒とは付きますがアルコールは含まれておりません。

平安時代には貴族の飲み物であった麹甘酒が、一般にまで広まったのは江戸時代。当時は夏の暑さで病にかかる人も多く、そんな中、幕府が庶民でも買えるように価格を保護するようになったため、甘酒が広く親しまれるようになりました。いわば、幕府お墨付きの健康飲料であったとも言えます。幕府が甘酒作りを推奨したため、文京区本郷・湯島周辺は麹の名産地であったようです。小林一茶の句にも「一夜酒 隣の子迄 来たりけり」と読まれており、大人から子供まで、幅広く好まれていた様子が分かります。ここに出てくる「一夜酒」が甘酒のことです。一晩でできるのでそのように呼ばれていました。

甘酒の栄養素は、ビタミンB群、食物繊維、オリゴ糖、ブドウ糖、それに必須アミノ酸が9種類など、点滴に含まれる成分と似ていて吸収率も高いため、「飲む点滴」とも言われます。それらの栄養素には、代謝の補助、疲労回復や美肌効果、整腸作用などがあります。また、麹の酵素の働きにより胃の負担の軽減やダイエット効果なども期待できます。

甘酒の適量は、一日一杯程度(200ml以下)。朝に飲めば代謝アップに繋がり、昼に飲めば脳の栄養となるブドウ糖があるので集中力アップに、間食代わりにも良いですし、夜に飲めば疲労回復になります。ご自分のライフスタイルや目的に合わせた時間帯に、毎日少しずつ摂るのがおすすめです。

温めても良いですが、60℃を超えると酵素が失活してしまうので、その点は気を付けたいですね。甘酒のレシピを一つご紹介します。使用する麹は乾燥でも生でもどちらでも大丈夫です。加える水分を調整してください。

[材料]
(濃縮タイプ)
米 1/2カップ
乾燥麹 100g
浄水 2カップ

[作り方]
1. 消毒した容器とスプーンを用意します。
2. お米を洗い、3倍の水に30分以上浸水させます。
3. 強火で加熱しながら焦げないように混ぜていき、沸騰したら弱火に落とし、蓋をして15分ほど炊いてお粥を作ります。
4. お粥ができたら1/2カップの水を追加し、混ぜながら60℃程度まで冷まします。
5. 冷めたら乾燥麹を入れよく混ぜ、55-60℃をキープして8-10時間程度置きます。ヨーグルトメーカーや炊飯器の保温モードを使うと良いです。炊飯器の保温モードを使う場合、蓋を開けた状態で布巾を被せておきます。

分量が多少前後しても甘酒はできます。分量よりも温度がポイントで、温度が高すぎると酵素が失活し、低すぎると酵素が働かず甘味が出ません。温度管理さえすればご家庭でも簡単に作ることができる甘酒。濃縮タイプですので、水や豆乳、フルーツジュースなどで割って飲むとおいしいです。効能を知った上で取り入れると、より一層、夏の身体を助けてくれる一品になるかもしれません。

廣田硝子 柳宗理ワイングラス S
https://www.shokunin.com/jp/hirota/wine.html
野田琺瑯 琺瑯容器
https://www.shokunin.com/jp/noda/

参考資料
https://www.marukome.co.jp/amazake/amazake_festival/column/219/
http://www.sakebunka.co.jp/archive/history/010_3.htm