IMG_9307

IMG_9309

IMG_9312

IMG_9324

IMG_9325

IMG_9327

銀座ショールームから徒歩3分ほどにある、K.Itoya(銀座 伊東屋 あづま通り側店)1階イベントスペースでは、8/15まで秋田の丁寧な手仕事を見ることができる「澄む、くらす。」展が開催されています。

職人.comでも大館の曲げわっぱや角館の樺細工を扱っていますが、その背景や歴史、作り方が分かりやすく説明されていて、そうだったのか、いつも使っているのに知らなかった!と驚かされます。

20年も使い続けている方がいるという職人技が光るお櫃や、漆器の経年変化も確認することができるので、これから使われたい方にとっても大変参考になる展示です。

7/31までの前期では、秋田でゆっくりと育った美しい秋田杉の「へぎ目」(木材をのこぎりを使わずに割り裂いた時にできる自然の表情)で作った花器や、繊細な木目と優しい肌触りのトレー、木地を煙で1カ月以上燻して乾燥させる昔ながらの伝統技法で、鎌倉時代から800年以上作り続けられている川連漆器、彫金・鍛金の伝統技法で作られたアクセサリーやカトラリーなどを見ることができます。

個人的に気になったのは、秋田杉で作られたぬか櫃です。せっかくぬかに溶け込んだ旨味と栄養を捨ててしまうことになる水抜きをしなくても、杉櫃が水分を調整してくれるので、漬けるたびにおいしさが増し、縁に塗られた漆の抗菌作用で衛生的に保てるそうです。改めて日本の職人の技は凄いと思いました。当店銀座ショールームと併せて訪れてみてはいかがでしょうか?

銀座ショールーム
https://www.shokunin.com/jp/showroom/ginza.html

参考資料
https://www.ito-ya.co.jp/ext/store/itoya/k-itoya/recommend/2022/07/004682.html