151118 040

151118 046

151118 069

【日本茶を味わう】

立春から88日数えた、5月2日前後にあたるのが八十八夜。
日本茶では1年に1度しかない新茶の季節の始まりです。
厳しい冬を乗り越えて芽吹いた新芽は、柔らかくて渋みも少なく、
甘味成分のテアニンが豊富に含まれています。
新茶特有の若々しい緑色は目にも美しく、鼻に抜ける青い香りと甘みは格別です。

お茶が日本に伝わったのは、奈良・平安時代。
中国の進んだ文化を持ち帰った遣唐使や留学僧によってもたらされたと考えられています。
当時は滋養強壮・体調回復のために飲まれていたことから、
「新茶を飲むと1年間無病息災で過ごせる」「新茶は長寿につながる」と伝えられるほどです。

ペットボトルで手軽に買えるお茶が主流になり、家で急須を使っていれることが少なくなってきましたが、
コーヒーや紅茶を楽しむように、今一度、日本茶を味わってみてはいかがでしょうか?
丁寧にいれた上級煎茶は、出汁のような旨味を感じることができます。

煎茶をいれるときに大切なのが、お水とお湯の温度です。
日本の水道水は軟水が多いので、カルキを抜けば、お茶をいれるのに適したお水(軟水)です。
玄米茶やほうじ茶は90度前後の熱いお湯で、煎茶や深蒸し煎茶は70~80度、
玉露は50度くらいの低い温度でいれるのがおいしいです。
上級な煎茶ほど低い温度のお湯を使います。
特に玉露は繊細な茶葉が火傷をしないように、低い温度で。

温度計も持っていないし、温度管理が面倒、そんなときに便利なのが「湯冷まし」の存在。
沸騰したお湯が90度前後で、湯冷ましで高いところから注ぐと、10度下がるといわれます。
玄米茶ならやかんから湯冷ましに取り、高いところから急須に注ぐだけで適温の70~80度になります。
煎茶なら、湯呑みを温めながら、湯冷ましと湯呑みで数回、お湯を渡せば適温の70度前後になるというわけです。
カテキンの効いた渋いお茶が飲みたいか、アミノ酸の旨味たっぷりのお茶が飲みたいかで、
茶葉の種類やいれる温度を自分で選べると楽しみの幅が広がりますね。
また「湯冷まし」の形状はドレッシングを入れるのにもとても便利で、利用頻度の高い道具です。

もう一つのオススメは自家製の水出し冷茶。
水出しというと時間がかかるイメージですが、簡単な方法を一つご紹介します。
湯冷ましに茶葉(5gほど)を入れ、その上に氷を置き、氷に当てるように上からゆっくりお湯(120~150g)を注ぐ。
15秒ほど置いたら完成です。
茶漉しで漉して好きなワイングラスで飲むと、いつもと違った香りと味わいを発見できるかと思います。

飲み終わった茶葉は乾燥させて消臭剤に使ったり、お料理に再利用したりできます。
茶葉には炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルなど栄養も豊富。
成分の多くは水に溶けないので、ビタミンCやミネラル以外の栄養分は茶殻に残ったまま。
茶殻をポン酢で和えて、胡麻や鰹節で風味を足せばお酒にも合う一品に。
おうち時間で、日本茶のおいしさを再発見してみるのはいかがでしょうか?

東屋 急須・湯冷まし
https://www.shokunin.com/jp/azmaya/kyusu.html
月兎印 スリムポット
https://www.shokunin.com/jp/tsukiusagi/
すすむ屋茶店 湯呑み
https://www.shokunin.com/jp/susumuya/yunomi.html
木屋 竹の茶こし
https://www.shokunin.com/jp/kiya/chakoshi.html

参考資料
http://www.ocha.tv/how_to_brew/water_and_temperature/
http://5106.jp/japanese-tea/4297/