IMG_7711

【京の七口】

京都には、鞍馬口、丹波口、荒神口など「口」の付く地名がいくつかありますが、
それらは「京の七口」と呼ばれ、かつて平安京の出入り口があった場所でした。

京都の出入り口を表す「口」という言葉は鎌倉時代から使われており、
室町時代になると、畿内七道と京都を結ぶ出入り口に「七口の関」という関所を設け、
幕府や朝廷などが通行料を徴収するようになりました。
豊臣秀吉が京都の都市改造の一環として、洛中を取り囲む御土居を築いた際にも、七口を設けました。

しかし、七口といえどもその数や場所は時代によって変動し、六口や十口の場合もありました。
ここでは現代において「京の七口」として代表されるものをご紹介します。

「長坂口」
京見峠を越え杉坂に至る長坂越の登り口付近にあり、そこから周山・若狭へと道が続きました。

「鞍馬口」
鴨川に架かる出雲路橋の西側にあり、鞍馬へ向かう鞍馬街道とを繋ぎました。鞍馬街道は、鞍馬寺までの参拝道として利用されるほか、丹羽・若狭との物流も支えました。

「大原口」
河原町今出川の交差点の西側にあり、八瀬・大原を経て、朽木・若狭に向かう若狭街道への出入り口でした。

「荒神口」
河原町通荒神口交差点の西側にあり、北白川から琵琶湖へと向かう山中越の出入り口。荒神という名は護浄院に三宝荒神が祀られていることに由来します。

「粟田口」
三条大橋の西岸にあり、三条口とも呼ばれます。東海道、中山道などに繋がる要衝でした。蹴上の近くには「粟田口」という地名が残り、刀工の名家である粟田口派はこの地名に由来します。

「伏見口」
五条大橋の西詰にあり、五条口とも呼ばれます。豊臣秀吉が作ったといわれる伏見街道へと続く出入り口。現在の五条大橋は、豊臣秀吉によって架けられたもので、それまでの五条橋は現在の松原橋の位置に架かっていました。

「東寺口」
かつて羅生門があった場所で、山崎・西宮を経て西へ向かう西国街道と、鳥羽を経て淀へ向かう鳥羽街道の出入り口。そのため鳥羽口とも呼ばれます。

「丹波口」
亀岡から丹波へ向かう山陰街道の出入り口。JR山陰本線の「丹波口駅」にその名を残します。かつての出入り口は千本通七条上るにありましたが、現在は五条千本交差点の南側に位置しています。

いずれも、長い道のりを経て京都へと足を踏み入れる人々にとって、
特別な意味を持つ場所だったことでしょう。
普段何気なく通る場所にも、歴史の積み重なりがあるのです。

参考資料
https://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/cmsfiles/contents/0000120/120267/08.pdf
https://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000005643.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/京の七口