1

2

3

4

錫器は日本に約1300年前に伝わり、
その生産は日本で初めて錫鉱山が開かれた京都の丹波地方で始まりました。
当時、錫は現在の金や銀のように貴重品であったため、
主に特権階級の人々のみが神事や宮中で使用していました。
正倉院にも壺や水差しなどの錫器が宝物として納められています。

江戸時代に入ると錫器の製造が京都から大阪へと移り、
江戸時代中期には、心斎橋・天神橋・天王寺などでいくつもの錫屋が営業を始め、
裕福な武士や商人たちの間にも普及していきました。
その後も多くの大阪の錫器製造業者が集合し、特産品としての地位を確立しました。
最盛期の昭和前半には大阪全体で300名を超える職人が競うようにその腕を振るったといわれています。

その後、第二次世界大戦が起こり、
職人の招集や材料不足により大阪の錫器づくりは壊滅的な打撃を受けましたが、
戦後再建をすべく、大阪に点在していた職人が集い見事に再建。
職人たちのひたむきな努力の結果、
昭和58年に経済産業大臣より伝統的工芸品 「大阪浪華錫器」として指定を受けました。
現在、全国の錫器のシェアの7割程度を占めています。

その大阪浪華錫器を製造する唯一の製造元が、江戸時代創業の大阪錫器です。
鋳型に鋳込み、ろくろで挽くという昔ながらの技術で一点一点製作されています。
正倉院に納められている錫器である錫薬壷も、ろくろ挽きで作られていることから、
非常に長い歴史を持った技法であることがうかがえます。
大阪錫器では、「一時の流行に流されるものではなく、月日とともに価値を増してゆく」という考えを基に、
伝統的な技術を踏襲しながらも新たな工夫を施した時代に合うものづくりを続けています。

大阪錫器
https://www.shokunin.com/

参考資料
http://www.osakasuzuki.co.jp/enkaku.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/大阪浪華錫器
http://daisuzu.doorblog.jp/archives/49164406.html
https://choshu-imono.info/whatsimono/suzunosakaduki/