1

2

3

4

【北海道味噌と三平汁】

日本の食卓において欠かせない調味料である味噌ですが、
地域によって違いがあり、東西を問わずいろいろな料理に使われています。

八丁味噌や西京味噌は色や味わいなどのイメージがつきやすいかと思いますが、
では、北海道味噌はいかがでしょうか?
今回は、北海道で作られる味噌にどのような特徴があるのかをご紹介いたします。

北海道で味噌が広まったのは江戸~明治と、
日本で味噌が食べられるようになって、かなり時間が経ってからです。
北海道が開拓されてから味噌作りが徐々に広まっていき、
江戸時代に交流していた新潟県佐渡の佐渡味噌を基礎にして、
さまざまな土地からの移住者の手により、現在の北海道味噌になったといわれています。

北海道は、その広大な土地で大豆を栽培するのに適しており、活用方法の一つに味噌がありました。
北海道味噌は米味噌・赤味噌・辛口味噌に分類されますが、
熟成度が高いためさほど辛くなく、しっかりとした味わいが特徴です。
この味を楽しむのにおすすめなのが鍋や汁物です。

北海道名物の三平汁は、出汁で鮭や野菜の旨味を味わえる郷土料理で、
北海道味噌を溶かすとさらに美味しくなります。
ほかの味噌でも良いですが、熟成した旨味のある北海道味噌は特によく合います。

味噌を溶かす際には、(公式に推奨されているわけではありませんが)木屋の竹の茶こしがおすすめです。
深さがあるので、味噌汁だけでなく鍋用に味噌を多く溶かす場合にも最適です。
ぜひお試しくださいませ。

薗部産業 めいぼく椀 けやき 大
https://www.shokunin.com/jp/sonobe/wan.html
木屋 竹の茶こし
https://www.shokunin.com/jp/kiya/chakoshi.html

参考資料
https://www.olive-hitomawashi.com/column/2019/12/post-7692.html
https://www.kurashiru.com/recipes/7b23f858-66f8-4e0f-bfd7-0cd16d178f1b (レシピ)