1

2

3

4

【暮らしと人生を染め上げる、柚木沙弥郎 life・LIFE】

日本を代表する染色家の柚木沙弥郎さんは、今も現役の99歳。
民藝運動家の柳宗悦の思想と、
型絵染めの人間国宝の芹沢銈介の作品に啓発されて染色家となられたそうです。
2014年にはフランス国立ギメ東洋美術館に70点以上の作品が収蔵されました。

世界20カ国以上で販売されているSIWA・紙和では、ブランドの10周年を記念して、
柚木さんが制作された型染めを元にそのままのサイズでシルクスクリーン印刷を施したナオロンを製作。
バッグをはじめ、ブックカバーやペンケースなど、アートを気軽に持ち歩くことができるラインナップです。

現在、立川にあるPLAY! MUSEUMでは、
「柚木沙弥郎 life・LIFE」展が2022年1月30日まで開催されています。
中でも、1950~1970年代頃に制作された「注染」という技法の染色作品や、
大胆な模様が印象的な近年の作品まで、幅広い年代の色とりどりの大きな布を、
まるで森の中にいるかのように見ることができます。
日々の暮らしを豊かに彩る、人生をいかに大切に生きるかがテーマだそうです。

長く活躍されている柚木さんの作品は、その時代それぞれに生き生きとしていてワクワクします。
目で見て身体で感じる展覧会、ぜひ訪れてみてください。

SIWA・紙和 シルクスクリーン
https://www.shokunin.com/jp/siwa/yunoki.html

PLAY! MUSEUM 柚木沙弥郎 life・LIFE
https://play2020.jp/article/yunokisamiro/