151118 104

a

c

d

【丑から寅へ、行く年来る年】

年に1回だけ生産される干支箸置、2022年の「寅」が届きました。
長崎県は波佐見町で生産されるこちらの箸置きは、
一つ一つ手作業で柄を転写する「印判」という手法で作られています。
1本に1匹ずつ染め付けられた虎は、穏やかな表情や可愛らしい後ろ姿が魅力です。

大晦日と元旦は、年越し蕎麦におせちと、箸や箸置きを使うシーンも多いですね。
それぞれの年のシンボルである「丑」と「寅」の箸置きで、
旧年から新年への橋渡しをしてみてはいかがでしょうか?
また、遠方のご友人やお世話になった方に、年末年始のご挨拶として贈るのもおすすめです。

共箱入りの5本セットで、1回のみの限定生産となりますので、
在庫がなくなり次第販売を終了させていただきます。

行く年も来る年も、皆様どうぞ健やかにお過ごしくださいませ。

東屋 干支箸置
https://www.shokunin.com/jp/azmaya/inbanhashi.html