黒チャーハン

【中国の濃口醤油で作る黒チャーハン】

最近、近所にできた輸入食材店で、気になっていた中国の醤油を買ってみました。
中国の醤油は大きく2種類に分けられ、色が薄く、味付けを目的に使われる「生抽(サンチャウ)」と、
色が濃く、主に煮込み料理などでツヤやコクを出すために使われる「老抽(ラオチャウ)」があります。
今回購入したのは老抽のほうで、日本のたまり醤油に似て少しとろみのある濃口の醤油です。

この老抽を使って、黒い色味が印象的な「黒チャーハン」を作ってみました。
鉄鍋にたっぷりのラードを熱し、濡れ布巾の上で鍋を冷まして油を馴染ませたら、
玉子、ご飯の順に加え、全体をほぐすように混ぜます。細かく刻んだ焼き豚を加え、
鶏がらスープの素少々と大さじ1の老抽を回しかけ、仕上げに青ねぎを加えてさっと混ぜたら完成です。
老抽を使ったチャーハンはしっとりとまろやかで、ほんのりと香ばしい香りにスプーンが止まりませんでした。

HASAMIのプレートに盛り付けると、
プレートと黒チャーハン、それぞれの色が引き立って美しく、食欲をそそります。
お洒落な洋食器のように見えるHASAMIのプレートは、
60年代のアメリカのレストランで使われていた大衆食器をテーマにして作られています。
和洋中の献立を選ばずお使いいただけますので、ぜひお気に入りの色を探してみてください。

HASAMI プレート
https://www.shokunin.com/jp/hasami/plate.html
安比塗漆器工房 手塗スプーン
https://www.shokunin.com/jp/appi/spoon.html
山田工業所 打出し片手鍋
https://www.shokunin.com/jp/yamada/
conte やくさじ
https://www.shokunin.com/jp/conte/yakusaji.html

参考資料
https://www.facebook.com/leekumkeejapan/posts/1617146721674350/