1

2

3

4

京都市北区の衣笠に、明治末期から昭和前期に活躍した
日本画家・木島櫻谷(このしま おうこく)の旧邸「櫻谷文庫」があります。
ここでは、作品や練習のための習作から、
櫻谷の収集した中世から近代にかけての書画、詩文集、書籍など
数千点以上の資料類を見ることができます。
建物は、櫻谷が暮らした和館、展示室や応接室に使われた洋館、
絵画制作や弟子への指導のための画室の3棟で構成されており、
いずれも国・登録有形文化財と京都市指定・登録文化財となっています。

木島櫻谷は明治10年、京都市中京区三条室町の商家に生まれ、
16歳の頃に、当時、京都画壇の大家だった日本画家・今尾景年の画塾に入門しました。
円山四条派の伝統を汲み、徹底して写生を行い、初期は動物画を中心に大作を次々と残しました。
明治36年に京都市動物園が開園して以来、写生のため通い詰め、
動物園から年間パスポートが贈呈されたというエピソードも残されています。
一方で、儒医・山本渓愚に師事し漢詩を学んでいたことから故事や史実にも通じ、
人物画や風景画などにも画題を広げていきました。

若くから頭角を表し、明治40年に文展が開設されると、第1回から第6回まで連続入賞を果たし、
文展の寵児として竹内栖鳳と京都画壇の人気を二分するほどの活躍を遂げました。
しかし、それと同時に厳しい意見も付きまとい、
第6回の受賞作品「寒月」を夏目漱石が酷評するという出来事にも見舞われますが、
櫻谷は反論することなく沈黙を貫き、自らの世界を深めていきました。

櫻谷がこの地に住居を移して以来、
金島桂華、山口華楊、小野竹喬、福田平八郎、堂本印象らも一帯に移り住み、
衣笠等持院は「絵描き村」と呼ばれるようになりました。
絵描き村に移り住んだ画家たちは京都画壇に新風を送り込み、
その先駆者となった櫻谷の旧邸は、絵描き村を象徴する建物と言えるでしょう。

現在、櫻谷文庫は、福田美術館と嵯峨嵐山文華館にて開催中の企画展
「木島櫻谷 ~究めて魅せた『おうこくさん』」に合わせて一般公開中です。
今回の一般公開は11月23日(火)、11月27日(土)、11月28日(日)と残りわずかですが、
この機会に訪れてみてはいかかでしょうか?

櫻谷文庫
https://goo.gl/maps/6Tb8gWqRgYJXDN3m9

参考資料
https://ja.wikipedia.org/wiki/木島桜谷
https://ja.wikipedia.org/wiki/櫻谷文庫
http://www.oukokubunko.org/profile1001.html
http://www.oukokubunko.org/list1.html
https://www.nhk.or.jp/nichibi-blog/400/284406.html