1

2

3

4

秋の楽しみの一つが紅葉です。
京都には紅葉の名所が数多くありますが、
いつもの道で見かける街路樹も紅く色付き、身近な場所でも秋を感じることができます。

都市の街路樹は、街並みに落ち着きや統一感を与え、
多彩な表情を見せながら、安らぎと潤いをもたらしてくれます。
春には若葉の緑に生命の息吹を感じ、夏の炎天下には緑陰を形成し周辺の気温上昇を抑え、
秋の紅葉と冬の樹形は、直に季節感を伝えてくれます。
このように街路樹は、四季折々の変化を感じる最も「身近なまちの自然」といえます。

街路樹の歴史は古く、京都において街路樹は平安京創建以来、京の景観の一翼を担ってきました。
桓武天皇の治世には、平安京の朱雀大路にヤナギが、
大路小路にエンジュ、サクラ、ヤナギなどが等間隔に植えられていました。
北野天満宮前や南禅寺前など多くの社寺の参道にも並木が植えられていたようで、
江戸時代中期に刊行された京都の地誌「都名所図会」には、南禅寺北側に松並木が描かれています。

戦国時代には織田信長が、旅人の安全と快適な交通を確保するために並木道を作ったといわれ、
東海道や東山道にマツとヤナギが植えられました。
その後、徳川氏による全国の街道整備でマツやスギが植えられるとともに、
一里塚が作られて、距離の目印や休憩場所として利用されるようになりました。
京都では、加茂街道にクロマツが植えられ、主な川筋にはヤナギやサクラなどが並木として植えられました。

明治30年代には琵琶湖疏水沿いにサクラ、ヤナギ、カエデが植えられ、
散策路としての整備も進み、サクラの名所として現在に至っています。

京都市内の街路樹が現在のように整備されるようになったのは明治45年、
農学者である福羽逸人子爵が京都府知事に贈ったユリノキを、
烏丸通(京都駅〜丸太町通)に植えたのが最初です。
今でも烏丸通や四条通などでユリノキを見ることができます。

街路樹の中でも、紅葉を楽しむことのできるイチョウ、トウカエデ、サクラ、ケヤキは、
京都市内の街頭に数多く植栽されています。

イチョウは樹形が円錐形に整い、街並みに統一感をもたらすため、
見通しの景観を強調する路線に植えられています。
烏丸通や丸太町通など多くの通りで見ることができますが、
中でも堀川通のイチョウ並木はひときわ迫力があります。
今出川通を上った中央分離帯のイチョウ並木は、黄色に染まったイチョウがそびえ、
足元は一面イチョウの葉で覆われて黄色い絨毯のよう。
堀川の水の流れに沿って公園が整備されているためゆっくり景色を楽しむことができます。

ケヤキはまっすぐ伸びた幹から、枝がほうき状に広がる美しい樹形から人気の街路樹の一つです。
白河通、御池通などで見ることができ、御池通ではビルが建ち並ぶ風景に紅葉したケヤキが美しく映えます。

見慣れた道も季節によって景色を変えていきます。
今年は街なかでも秋を見つけてみませんか?

今出川ショールーム(火水木の14-17時に営業)
https://www.shokunin.com/jp/showroom/imadegawa.html
三条ショールーム(年末年始以外年中無休、12-18時に営業)
https://www.shokunin.com/jp/showroom/sanjo.html

参考資料
https://www.city.kyoto.lg.jp/kensetu/cmsfiles/contents/0000277/277249/kyotogairoju2020.pdf
https://ja.wikipedia.org/wiki/街路樹
https://kyototwo.jp/post/attractions/5466/
https://600dpi.net/utagawa-hiroshige-0000997/