1

2

3

4

日本人の財布といえばがま口。
ガマガエルのように大きく開く口からその名前がつき、
「出たお金が返る」「無事に帰る」など縁起が良いとされてきました。
財布のほかにも鞄や小物入れなど日本人に馴染み深いがま口ですが、
実はヨーロッパから伝わってきたものなのです。

日本におけるがま口の歴史は、明治時代まで遡ります。
日本にがま口を持ち込んだのは、
明治政府の御用商人である山城屋和助(やましろや わすけ)が最初だといわれています。
山城屋和助は陸海軍用の兵器の輸入のため、
明治政府からお金を借りてヨーロッパやアメリカを巡っていました。
その際フランスで大流行していたがま口の財布や鞄を日本に持ち帰り、それらを模倣して売り出しました。

当時の日本では貨幣のみが流通しており、
財布には「懐中信玄袋」という小型の信玄袋が用いられていました。
その後、第一次世界大戦による好景気から明治4年に紙幣が発行されたのに伴い、
札入れが大流行し、がま口も売り上げを伸ばしていきました。

がま口財布が売られるようになった当初、
口金には真鍮が使われ、職人が細工を施して作っていたため高価で、
使用できるのは一部の富裕層だけでした。
しかしその後、安価で便利な溝輪金のものに代わっていき、
庶民の生活に身近なものになっていったのです。

二とみの絞り染めがま口は、デザイナー浦部さんの手によって一つ一つ作られています。
裏地は地紋が綺麗な単色で、普段見えないところにもお洒落な気遣いがあり、嬉しい気持ちにしてくれます。
もちろん小銭だけでなく、リングやピアスなど小物の一時保管など、さまざまな用途にお使いいただけます。

浦部さんの留学先であるヨーロッパのデザインに影響を受け、
伝統的な絞り染めの生地をも使いながらも、
和であり洋でもある持ち手を選ばない独自のデザインが特徴です。

染め生地と染め下地をそれぞれお選びいただけるセミオーダーとなりますので、
お客様の好みのデザインでご注文くださいませ。
縁起物でもあるがま口はプレゼントにもぴったりです。
贈る相手を想像して、どんな色の組み合わせが似合うかを考えるのも楽しいひとときです。

二とみ 絞り染めがま口
https://www.shokunin.com/jp/nitomi/gamaguti.html

参考資料
https://ayanokoji.jp/がま口の歴史/
https://www.i-chirimen.jp/?tid=5&mode=f13