1

2

3

4

【お昼寝を取り入れて、仕事効率UPを】

スペインでは仕事の合間に「シエスタ」という長い休憩時間があり、
仮眠をとったり、ゆっくり家族と昼食を食べたりする方が多いと聞きます。
平均的なシエスタの時間は午後2時から午後5時。
休憩時間を長く取ることで、生産性の向上に繋がるとして注目され、
世界的にも導入する企業やお店も増えてきました。

最近は週1のみの通勤になったり、完全に在宅勤務になった方も多いので、
今までより少し休憩時間に余裕が出てきている人も多いのではないでしょうか。
周りでも、自宅で一人で食べるランチはすぐに終わってしまい、
余った時間でお昼寝をし始めたという人がいます。

Platzのセミオーダーお昼寝布団は、そんなちょっとした休憩にちょうど良いお布団です。
大きすぎず、小さすぎず、さらに片付けやすいサイズです。
また、お布団は表と裏で生地を選ぶことができるので、自分好みのお布団を作ってもらえます。
Platzは創業百余年の老舗の寝具店。
布団屋さんが手作りで一つ一つ作るお昼寝布団は想像しただけでも気持ち良さそうですよね。
こまめに洗濯をされたい方には、カバーを外してご自宅で洗えるカバー式もおすすめです。

私たち人間の体のサイクルは午後1時から午後4時に体内リズムが低下しやすく、
判断力や集中力が鈍るといわれています。
10分から20分の睡眠でも集中力や体力が十分回復する効果があるようです。
今後の仕事の効率UPのためにも、お昼寝を取り入れてみてはいかがでしょうか。

Platz セミオーダーお昼寝布団(カバー式掛け布団が加わりました)
https://www.shokunin.com/jp/platz/futon.html

参考資料
https://www.kaonavi.jp/dictionary/siesta/