1

2

【納豆の新しい食べ方を探す】

日本人の国民食といっても良い納豆ですが、
人によって食べ方はさまざまなのが面白いところです。
ねぎを入れたり、玉子を使ったり、キムチを入れたり、大葉を刻んで入れたり・・・。

パターンはいくつもあると思うのですが、
東北出身の知人の納豆アレンジが聞いたことのないものだったのでとても驚きました。
それは、納豆に砂糖を入れるという食べ方です。

納豆は20度を超える辺りから菌の繁殖が活発になるため、
寒さの厳しい北海道や東北地方では発酵が進みにくく、納豆の糸の引きも悪くなってしまう。
そんな状況を砂糖で補ったというのが砂糖を入れる理由の一つとされているようです。

自宅でも試してみましたが、砂糖を入れると糸がいつもより、もこもこふんわりになります。
味もほんのり甘みを感じる、癖になる味です。
いつものトッピングを変えて、お砂糖納豆にトライしてはいかがでしょうか?

納豆鉢や蕎麦猪口は、納豆とトッピングを混ぜるのにちょうど良い大きさです。
いろんな野菜や調味料と共に、マイ納豆レシピを作ってみてください。

山只華陶苑 納豆鉢(誠にありがとうございます。完売いたしました。)
https://www.shokunin.com/jp/yamatada/natto.html
青龍窯 蕎麦猪口
https://www.shokunin.com/jp/seiryu/soba.html

参考資料
https://www.olive-hitomawashi.com/column/2018/09/post-2660.html