151118 9815

【月見る月はこの月の月】

今年の中秋の名月は、9月21日。
「中秋の名月」は、明治5年まで使われていた旧暦(太陰太陽暦)の8月15日に当たります。
旧暦では月の満ち欠けを元に日付が決められており、毎月1日が新月となることから、
十五夜は旧暦で毎月15日の夜のことを指していました。

“月々に月見る月は多けれど 月見る月はこの月の月 (詠み人知らず)”には、
空にかかる月と暦の月が繰り返し現れ、8個出てくる「月」が、旧暦8月15日の名月を表しています。
「満月は毎月のように見れるので、毎年いくつもの月を見るけれど、
月を見るのならやはりこの8月15日の満月だ」といったところでしょうか。

それでは、「十五夜」は必ず満月なのかと聞かれたらそうではありません。
中秋の名月の日と満月がずれることはしばしば起こります。
これは月の公転軌道が楕円形であることから、
新月から満月までの期間が13.9日から15.6日と変化することと、
「十五夜の日」は新月からの日数で決まりますが、
「満月」は太陽、地球、月の位置関係で決まることが理由です。

今年の中秋の名月は満月と同じ日、
晴れていれば21時頃の南東の空に美しく輝く中秋の名月を見ることができるでしょう。

「芋名月」とも呼ばれるこの日の月にちなんで、
毎年京都では里芋をお供えする風習があるそうです。
そのためか、京都や大阪では里芋に似せた餅の上に餡をのせた月見団子が見られます。

月見団子を、十五夜の満月に見立てたかなまりにのせて、
天空にかかる名月を見上げてみるのはいかがでしょうか?

大寺幸八郎商店 かなまり 中
https://www.shokunin.com/jp/otera/kanamari.html

参考資料
https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2021/09-topics03.html
http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/C3E6BDA9A4CECCBEB7EEA4C8A4CF2FCCBEB7EEC9ACA4BAA4B7A4E2CBFEB7EEA4CAA4E9A4BA.html
https://www.excite.co.jp/news/article/BestTimes_10550/