IMG_8931

【新潟の夏の郷土料理、「ふかしなす」】

夏といえば、なす。今の時期、スーパーに並んでいない日がないほどよく見かけます。

なすの作付け面積が全国1位の新潟県(消費量も日本一)では、
栽培している品種も多く、約18種類以上のなすが作られています。
それぞれ漬物向き、焼き物向き、煮物向きなど、調理によってどの品種が良いかが異なります。

また、他の都道府県では珍しく、なすを蒸す料理が郷土料理として存在しています。
それが「ふかしなす」(地域によっては「なすぶかし」とも言います)というものです。
新潟県民にとっては夏の食卓によく出てくる一般的なおかずで、
どの家庭でもよく食べられていると思います。

なすは、体を冷ます作用があるといわれており、夏の暑さを凌ぐために食べられていたようです。

ふかしなすは、和がらしを溶いた醤油で食べるのが新潟流。
また、新潟県の伝統野菜である丸い形の巾着なすで作るのが一般的です。
巾着なすを見つけたら、ぜひふかしなすを作ってみてください。

山一 中華せいろ
https://www.shokunin.com/jp/yamaichi/seiro.html
足立茂久商店 わっぱセイロ
https://www.shokunin.com/jp/adachi/seiro.html
中村銅器製作所 セイロ鍋(9/1に150円ほど値上がりいたします)
https://www.shokunin.com/jp/nakamuradouki/seiro.html

参考資料(レシピ)
https://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/k_ryouri/search_menu/menu/fukashi_nasu_niigata.html