151118 5759

151118 5790

i3

i7

【桐箱という収納】

ご来客用に何点かずつ揃えた、こまごまとした食器の収納場所に困ったことはありませんか?高く積み重ねると、何かの拍子にぶつかって危なかったり、使わないうちに埃が付いてしまうかもと気になる方もいらっしゃるかと思います。

そんな食器類を省スペースでしまっておくのに、山の形の桐のトレイを使ってみてください。例えば、取り皿や小鉢は重ねて「深」に、カトラリーやコースターや箸置きは「中」に入れ、「浅」で蓋をすれば、ご来客用の複数ある食器を一箇所にまとめて収納することが可能です。必要なときに箱ごと取り出して、使い終わったら同じようにしまうだけ。スタッキングできるように成形された底面なので、重ねてもずれたり外れることはありません。

もちろん「深」を2段重ねにしたり、「中」を2段にして「浅」を1段など、収納場所の高さや食器のサイズに合わせて、自由な組み合わせでお使いいただけます。表面を鉋で仕上げた桐の持つ柔らかい光沢と手触りは、以前からそこにあったかのように、自然と暮らしに溶け込んでくれます。

2014年春にスタートした山の形は、山形の輪郭と暮らしを結び、現代の生活に合わせた新しい手仕事を作り出すデザインレーベルです。桐のトレイは、昭和5年から桐箱を作られている、山形市の有限会社よしだが製作。山形桐箱は山形市伝統工芸品に指定されています。

山の形 桐のトレイ
https://www.shokunin.com/jp/yamanokatachi/kiri.html