!cid_2459C873-5394-434F-B65

!cid_311CD0C7-C77C-4C2C-9F9

銀座ショールームに新たに展示されたグラスには、水墨画のような濃淡の美しい模様が入っています。
こちらは玉虫塗という技法で施された漆なのです。

玉虫塗はもともと昭和初期に輸出のために開発された技術で、
昭和14年には特許技術として認められた仙台生まれの漆芸です。
以来宮城県の伝統工芸品として、長きにわたり国内外で高い評価を受けていますが、
震災後は暮らしの中で楽しむ新しい用の美としても注目を集めています。

TOUCH CLASSICの酒器セットの素地は「うすはり」で知られる透明度の高い松徳硝子のグラス。
宮城の山の稜線と波打つ海をイメージし、グラデーションにした玉虫塗で彩られています。
眺めていると日本の自然の美しさに対する敬意の念が湧いてきます。

TOUCH CLASSIC 酒器セット
https://www.shokunin.com/jp/touchclassic/shuki.html
銀座ショールーム(金土日月の12-18時に営業)
https://www.shokunin.com/jp/showroom/ginza.html