151118 3189

151118 3221

151118 7231

i3

「せともの」という言葉は、日本のやきもの全般を指す言葉ですが、
この言葉は約1000年前からやきもの生産を続けている瀬戸焼から来ています。
1000年も前から一度も途切れることなく、やきものの生産が続いてきたのは、世界的にも大変珍しいことです。

瀬戸焼の起源は、5世紀後半に現在の名古屋市東山丘陵周辺で須恵器の生産を行っていた猿投窯(さなげよう)。
丘陵地帯には、瀬戸層群と呼ばれる地層があり、やきものにとって良質な原料を採取できる環境だったこともあり、
このエリアの窯業発展に繋がったようです。
12世紀には古瀬戸の生産が始まり、当時国内唯一の施釉陶器の産地となりました。
19世紀には磁器の生産が始まり、海外への輸出や万国博覧会への出品で海外との交流が盛んになります。
また、それにより西洋の技術も取り入れられていくようになりました。

瀬戸焼は、白く美しい素地が特徴です。この白さは使用している良質な粘土に理由があります。
瀬戸層群から採掘される粘土は耐火性が強く、柔らかく成形しやすいという特徴に加え、
粘土中に鉄分をほとんど含んでいないことから、美しい白さを生み出すことができるのです。
この良質な粘土は瀬戸焼においてなくてはならないものであり、
この粘土があったからこそ続いてきた文化だと言えます。

また、昨今では時代の変化に合わせて、食器を始め、ノベルティー、自動車の部品など、
多種多様な製品を生み出し続けています。
セラミック・ジャパンのクリンクルも瀬戸焼。
日本を代表するクラフトデザイナーである小松誠氏と共に作られました。
お花を飾っても、ペンを立てても、ただ飾っておいても存在感のある一品です。

セラミック・ジャパン クリンクル
https://www.shokunin.com/jp/ceramicjapan/crinkle.html
銀座ショールーム(金土日月の12-18時に営業)
https://www.shokunin.com/jp/showroom/ginza.html

参考資料:
https://sixancientkilns.jp/seto/
https://www.setoyakishinkokyokai.jp/siru_01.html