151118 7144

151118 7151

4235511_m

3123875_m

季節を表す二十四節気のうち冬至は一年で最も昼が短い日です。
2020年は12月21日(月)が冬至。
この日は「かぼちゃを食べて柚子湯に入ると良い」とされています。

柚子は香りが強いことから邪気を払う、語呂合わせから柚子=融通が利く、
また木が柚子の実を付けるまでに長い時間がかかることから、
「長年の苦労が実る」などとかけて縁起が良いとされ、
冬至の日に柚子湯に入ればその冬は風邪を引かないといわれてきました。

また冬至を一年の締めくくりと捉え、
「いろは」の最後の文字「ん」の付くものを食べるという語呂合わせで、
「かぼちゃ(なんきん)」や金柑なども食べられました。
中でもかぼちゃはかつて野菜の少なかった冬に、
保存の利く栄養価の高い野菜として重宝されました。

かぼちゃを美味しく煮るには落とし蓋が大事です。
味が均一になり、煮崩れしにくく、煮汁の蒸発も防いでくれます。
美味しくて暖かい冬をお迎えください。

木屋 落とし蓋
https://www.shokunin.com/jp/kiya/otoshibuta.html
木屋 やっとこ鍋
https://www.shokunin.com/jp/kiya/yattoko.html

参考資料:
https://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/faq/24sekki.html
https://intojapanwaraku.com/culture/58678/
https://tg-uchi.jp/topics/3402