DSC_0280a

151118 4865

151118 2150

DSC_0540a

DSC_0541a

【大黒様の御歳夜と納豆汁】

山形県庄内地方では、12月3日のえびす様の御歳夜を皮切りに、
観音様や山の神様など、色々な神様の年越しのお祝いが行われます。
12月9日は「大黒様の御歳夜」で、江戸時代中期頃から続いているといわれる伝統行事です。

この日は各家庭で、二股に分かれたまっか大根や、米を炒って作った米炒りというお菓子、
焼き豆腐の田楽、ハタハタの田楽、黒豆なます、納豆汁など、主に豆を使った料理を大黒様にお供えします。
豆には、家族がまめ(健康という意味)で暮らせるようにとの思いと、
収穫への感謝、子孫繁栄への祈りが込められています。

最近ではスーパーで御歳夜の料理がセットになった「大黒様セット」を購入することもでき、
大変便利な世の中となりました。

この日のお供えのお料理で外せないのが納豆汁、
山形県では大晦日の年越しの料理としても知られています。
納豆をすり鉢でつぶす作業はとても手間で時間がかかる作業ですが、
そうして丁寧に作った納豆汁は、その日のうちに鍋一杯食べ切ってしまいたいほど美味しいです。

お気に入りのすり鉢で納豆をつぶしていると、今年もいよいよ年の瀬だなと感じます。
納豆汁のレシピは参考資料をご参照ください。

山只華陶苑 JUJU mortier すり鉢
https://www.shokunin.com/jp/yamatada/suribachi.html
東屋 擂粉木
https://www.shokunin.com/jp/azmaya/surikogi.html
安比塗漆器工房 3.8寸汁椀
https://www.shokunin.com/jp/appi/wan.html

参考資料:
http://www.creative-tsuruoka.jp/project/utigozen/fuyu-otoshiya.html
https://mirailab.info/column/22714
https://yamagata-jinjyacho.or.jp/wp/blog/archives/4623