IMG_6821b

今年も師走に入り、そろそろ年末年始の準備をし始める頃ではないでしょうか?来年は丑年ですね。
現在、銀座ショールームにはブロンズで作られたミニ干支シリーズが全種類展示されています。

銅器生産量日本一、鋳物技術400年の歴史を持つ富山県高岡市にて、
150年以上続く老舗の大寺幸八郎商店さんが作られたオブジェです。
小さくて可愛らしい姿ですが、持ってみると意外に重さを感じます。
また、正面だけではなく、後ろ姿がとても愛らしく、思わず笑みがこぼれます。

牛は古くから酪農や農業において人間を助けてくれました。
大変な農作業を最後まで手伝ってくれる働きぶりから、
丑年は「我慢(耐える)」「これから発展する前触れ(芽が出る)」というような年になるといわれているそうです。
来年1年、頑張る姿を福うしにそばで見守ってもらうのも良いかもしれません。

大寺幸八郎商店 ミニ干支シリーズ
https://www.shokunin.com/jp/otera/eto.html
銀座ショールーム(金土日月の12-18時に営業)
https://www.shokunin.com/jp/showroom/ginza.html

参考資料:
https://nenga.templatebank.com/column/031/