IMG_3674

1266630_m

671700_m

京都を観光するなら、着物を着たいという方も多いのでは?
近年、レトロでシンプルな着物を現代風に着こなすのが流行っています。
今回は着物で京都観光する際に人気のあるスポットとスイーツをご紹介いたします。


[南禅寺水路閣]

言わずと知れた名所です。
京都東山、地下鉄蹴上駅最寄りの南禅寺。
その境内には、琵琶湖疏水の分線として今なお使われているレンガ造りのアーチ橋があります。

明治21年に完成したもので、洋の雰囲気が南禅寺と不思議にマッチし、多くの観光客が訪れます。
アーチ状の窓のようになっている場所が特に人気で、混んでいるときは撮影のために並ぶことも。
レトロな着物でカップルや友達同士で写真を撮れば最高に映えるスポットです。


[八坂庚申堂]

京都の映えスポットといえばここ。
同じく東山にある八坂庚申堂は、くくり猿という変わった形のお守りがいたるところに奉納されています。
これには欲のままに走らないようにという戒めの意味が込められていて、欲を捨てると願いが叶うとも。

色の種類が豊富で、連なるとカラフルで写真映えするということで、
大量のくくり猿の前は若い女性を中心に大人気です。
落ち着いた色の着物とカラフルな背景がマッチいたします。


[zarame]

着物をレンタルしたら必ず食べたい綿菓子をご紹介します。
嵐山と京都タワーに店舗を構える「zarame」は、和テイストで顔の2倍ほどある大きな綿菓子のお店です。
国産の材料にこだわり、京都の竹に綿菓子を巻いています。

他にも舞妓さんの花飾りをイメージしたドリンク付き綿菓子などもあって、京都らしさを感じられます。
お店のロゴにも日本画風の舞妓さんが。

人気なのはほうじ茶味で、まだらな茶色の模様が写真映えします。
着物で綿菓子を持って、顔を隠してみるのも可愛いです。


[SACRAビル(旧不動貯金銀行京都支店)]

職人.com三条ショールームが入居するSACRAビルは、
大正5年に建てられたレトロ好きにはたまらない洋風建築です。

エントランス、階段全てルネサンス風の雰囲気を感じられるので、どこで写真を撮っても映えます。
もちろん着物との相性も抜群。
ぜひ京都観光の際に足を運んでみてください。

職人.com三条ショールーム
https://www.shokunin.com/jp/showroom/sanjo.html