2024年04月

1

2

3

4

【A&W】

沖縄ローカルのハンバーガーチェーン、A&W(エイアンドダブリュ)。沖縄滞在中、この看板を目にするとつい何度も吸い寄せられてしまいます。

沖縄県民に「エンダー」の愛称で親しまれているA&Wは、日本本土復帰前である1963年(昭和38年)に沖縄に上陸し、現在日本国内では沖縄だけに23店舗展開しています。もともとA&Wは、1919年にアメリカ・カリフォルニア州のロイ・アレン(Roy Allen)という薬剤師が、病床の友人のために薬草や樹脂を原料にヘルシードリンクを作ったことに始まります。当時のアメリカは禁酒法の時代、薬というよりもおいしい飲み物としてこのノンアルコールの「ルートビア」は大人気となり、ルートビアをメインにハンバーガーやホットドッグなどの商品を加えて、アメリカをはじめ、沖縄、インドネシア、タイ、マレーシアなど世界中に広がっていきました。

ルートビアは全店で毎日おかわり無料で、ハンバーガーと相性抜群ながらそのクセのある味わいから好き嫌いがはっきり分かれるドリンクだそうですが、私は実をいうと炭酸が苦手なので飲んだことはありません。ルートビアが飲めなくても、ほかにもアメリカンなドリンクやフードメニューが揃っています。ビーフ、トマト、レタス、オニオンフライ、そして濃厚なクリームチーズに黒糖ペッパーポークが挟まった「The A&Wバーガー」、ソーセージにミートたっぷりで少しスパイシーなコニーソースとオニオンがのった「コニードッグ」、ポテトにコニーソースとチーズがかかった「チリチーズカーリーフライ」などがおすすめです。

24時間営業の店舗や、ロードサイドに位置し、ドライブスルーや車に乗ったまま注文してそのまま車内で飲食ができる「ドライブイン」可能な店舗、国際通りのような街なかや那覇空港内にある店舗など、多種多様な立地、スタイルの店舗があるため、海で泳いだあとの塩分補給に、街歩きの休憩に、また沖縄を発つ前に空港で、などさまざまな場面で利用しやすいのも魅力。オレンジが特徴的でアメリカンダイナーのような店内は、ソファー席が多く広々とゆったりとした造りの店舗が多いように思います。沖縄で小腹が空いたら、ぜひA&Wを思い出してみてください。

A&W
https://www.awok.co.jp/

参考資料
https://rurubu.jp/andmore/spot/80042842
https://www.tabirai.net/sightseeing/tatsujin/0000312.aspx

1

2

3

4

【栗久の曲げわっぱのざるせいろ・そばちょこが加わりました】

ざるせいろは、余分な水分を切ることで麺が水っぽくならず、ざるそばやざるうどんを最後までおいしく食べられます。 また、少量でも綺麗に盛り付けることができるので、おもてなしにも最適です。全面ウレタン塗装のため、食材の色移りがありません。重ねて収納できます。

薬味皿付きのそばちょこは、曲げたあとに皿部をカットしているため、上下の木目が揃っています。刻みねぎやわさびなど、お好みの薬味を添えてお楽しみください。皿部はコースターにも。そばちょこには約1合入るので、酒器としてのご使用も可能です。

1995~1996年度グッドデザイン賞受賞。

栗久 曲げわっぱのざるせいろ・そばちょこ
https://www.shokunin.com/jp/kurikyu/soba.html

S__65216577

S__65216579

S__65216580

S__65216581

S__65216582

【薬味と薬味寄せ】

「薬味」という言葉は、薬の性質を象徴する概念を表す中国語の医学用語から。このことからも分かるとおり、薬味は日本料理では健康や殺菌効果、香りによる素材の引き立て、予防などの効果が期待される優れた脇役として、日本の食文化を支えています。

当店ショールームには外国人のお客様もたくさん足を運んでくださいます。ふと気になり“薬味”を翻訳すると“condiments”と出て、それを翻訳し直すと薬味にはならず今度は“調味料”となり、更に翻訳したところ結果は“seasoning”でした。何だか言葉遊びみたいで面白いです。seasoningは塩や胡椒など調理中に使うもので、日本では醤油や味噌もこちらに当たり、condimentsは調理後に自分好みに味をプラスするためにかけるソース系のものを指すそうです。食卓で「味変」するイメージでしょうか。

我が家の薬味寄せは、日本の薬味の定番である胡麻や生姜、大根おろしと一緒によく登場します。すった胡麻を集めたり、おろし金に残った長芋をかき出すのですが、この竹素材のしなりが実に良い塩梅です。丸い溝には表側を沿わせると竹の丸みとぴったり合います。そして使用後はさっと流水で流して乾かすだけですが、写真のとおり清潔に保てていますので、とても扱いやすくもあります。

季節を問わず日本の食卓には欠かせない薬味。ひと手間ではありますが、いっそうおいしく仕上げてくれることに、そしてその栄養価にも期待して、せっせと添える日々です。お探しだった皆様、薬味好きの皆様には、ぜひお試しいただきたい名脇役の一つです。

木屋 薬味寄せ
https://www.shokunin.com/jp/kiya/yakumi.html
山只華陶苑 JUJU mortierすり鉢(11/1に値上がりいたします)
https://www.shokunin.com/jp/yamatada/suribachi.html
ジャパンポーレックス セラミックおろし
https://www.shokunin.com/jp/porlex/oroshi.html

参考記事
https://vegetable.alic.go.jp/yasaijoho/joho/1307_joho01.html
https://redkiwiapp.com/ja/english-guide/synonyms/condiment-spice
https://nativecamp.net/blog/20211217english_cooking#:~:text=%E3%80%8Cseasoning%E3%80%8D%E3%81%A7%E8%A1%A8%E3%81%99%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%8C,%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B9%E7%B3%BB%E3%81%AE%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82