2022年02月

1

2

3

4

【大館曲げわっぱの魅力】

大館曲げわっぱは400年もの歴史があります。
秋田杉を薄く削いだ板を熱湯で煮て、やわらかくなったところを筒状に丸め、
合わせ目を接着し、山桜の皮で縫うようにして固定し底板を密着させて作ります。
大館では、古くからせいろやおひつなどが作られていますが、
栗久は現代の生活に合った「日々の暮らしの中で使いやすい曲げわっぱ」の開発を続け、
機能的でありながらもデザイン性の高い曲げわっぱを作られています。

栗久が作るのは、真っ直ぐで美しい柾目が特徴の秋田杉の曲げわっぱです。
秋田の厳しい寒さの中、時間をかけて成長した杉の木は、年輪が引き締まり目が細かいのが特徴です。
木目が細かいと伸縮が少ないため、歪みが小さく、耐久性にも優れています。
秋田杉は植林して数十年は木目が荒く、曲げわっぱの材料として使えるようになるのは、
何と樹齢200年から300年も経ってからだそうです。

熱々の味噌汁を入れた曲げわっぱのお椀を持つと、手が熱くならないことに驚くでしょう。
杉は「天然の断熱材」ともいわれ、熱いものは熱いまま、
冷たいものは外気温に影響されず冷たいままに保ちます。
また、薄く削り上げた秋田杉の滑らかな木目は口当たりも良く、器として最適です。
器に口を近づけた時にふわりと感じる和やかな杉の香りは、プラスチックなどの器では感じることはできません。
心が温まる曲げわっぱを、日本酒やご飯、お味噌汁など、日々の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか?

栗久 曲げわっぱの酒器
https://www.shokunin.com/jp/kurikyu/shuki.html
栗久 曲げわっぱのお椀
https://www.shokunin.com/jp/kurikyu/owan.html

参考資料
https://www.kurikyu.jp

1

2

3

4

先ほどタンメンの投稿をさせていただきましたが、
もちろんそのきっかけは東京で美味しいタンメンを食べたことでした。
銀座ショールーム近くの日高屋は銀座という立地にもかかわらず、
二人で税込1260円という驚きの価格で、大満足の味と量でした。
関西にもぜひ進出していただきたいチェーン店です。
銀座ショールームにお越しの際はぜひ併せてご訪問くださいませ。

銀座ショールーム(金土日月の12-18時に営業)
https://www.shokunin.com/jp/showroom/ginza.html
日高屋 東銀座店
https://goo.gl/maps/asyjGKqvAb2sxshQ8

151118 3168

【野菜たっぷりのタンメン】

タンメンは、豚肉、もやし、キャベツ、人参、ニラ、玉ねぎなどを炒め、
塩味のスープで仕立てた、関東圏を中心に食べられている麺料理です。
一食で数種類の野菜を効率よく摂れるので、日高屋などの中華料理チェーンのメニューでも人気です。

家で作るなら、ラードで炒めた豚肉に野菜を加えてさらに炒め、お湯を入れて煮立てたら、
鶏がらスープの素と塩、胡椒で味を整えます。
茹で上がった中華麺をスープの入った鍋に入れて、最後に温めた器に盛り付けたら出来上がりです。

野菜たっぷりのタンメンを大盛りで楽しまれたい方には、白山陶器の6寸深めん丼をおすすめいたします。
とても簡単で大変美味しいので、ご自宅で作ってみてはいかがでしょうか?

白山陶器 6寸深めん丼
https://www.shokunin.com/jp/hakusan/mendon.html

参考資料
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%A1%E3%83%B3
https://cookpad.com/recipe/6561420 (レシピ)