2021年01月

151118 1221

151118 143

a (2)

151118 5989

世界中からご注文を承っている青龍窯の鉢が再入荷いたしました。
丼ものやおかず、パスタなどにご使用いただけます。
湯呑や飯茶碗も再入荷しております。
ぜひご検討くださいませ。

青龍窯 鉢
https://www.shokunin.com/jp/seiryu/hachi.html
青龍窯 湯呑
https://www.shokunin.com/jp/seiryu/yunomi.html
青龍窯 飯茶碗
https://www.shokunin.com/jp/seiryu/chawan.html
青龍窯 煎茶碗
https://www.shokunin.com/jp/seiryu/sencha.html
青龍窯 蕎麦猪口・薬味皿
https://www.shokunin.com/jp/seiryu/soba.html

151118-682b

年末、特にクリスマス前後は、フランスでは何かとたくさん食べてしまう季節。
そのため、少し体を休めるために1月に入ってからは食べる量を心持ち減らすようです。

さて、今回軽食のようなフランス料理をご紹介いたします。
定番メニューというわけではありませんが、春を思わせるアスパラガスの料理で疲れを癒しませんか?

【アスパラガスのホワイトソース和え】

[材料・4人分]
アスパラガス 500g
刻みねぎ 適量
レモン汁 大さじ1
生クリーム 200ml
卵黄 1つ
お好みで塩少々

[作り方]
1. アスパラガスを茹でるか蒸すか、どちらかで調理する。
2. ソースを作る。小さな鍋に生クリーム、卵黄、レモン汁、刻みねぎ、お好みで塩少々を入れて、混ぜながら温める。
3. アスパラガスを少しだけ冷まし、その上から温かいソースをかける。

一陽窯 小皿
https://www.shokunin.com/jp/ichiyou/plate.html

参考資料:
https://www.cuisineaz.com/recettes/asperges-et-sauce-blanche-a-la-ciboulette-86474.aspx

the

職人.com銀座ショールームがある銀座1丁目の奥野ビル。

冬のこの時期は、午前中いっぱい窓際からの暖かな陽の光に包まれます。
現在ショールームに展示しているTHE 醤油差しはクリスタルガラス製。
窓から差し込む柔らかな光を受け綺麗に光る様を
ギャラリーにおいでくださったお客様と少しの間楽しむことができました。

THE 醤油差しは青森県伝統工芸品「津軽びいどろ」の指定工場で製作されています。
くちばしのない注ぎ口、液ダレの一切ない蓋と本体による擦り合わせの技術が高く評価され、
海外からも注文の多い商品の一つです。

オリーブオイルなどを入れて食卓に置くと、クリスタルガラスの美しさが一層際立ちます。

THE 醤油差し
https://www.shokunin.com/jp/the/
銀座ショールーム(金土日月の12-18時に営業)
https://www.shokunin.com/jp/showroom/ginza.html