2016年06月

13450886_602814666554485_1213865166732159130_n

13435416_602814689887816_1725078080689947132_n

13516716_602814699887815_6506410358669636627_n

13516488_602814739887811_2099032095026521372_n

白山陶器の平茶碗は、ご飯はもちろんのこと、
煮物や副菜などを乗せていただいても抜群に美しく見えます。

人気メディアのキナリノさんでもまとめページがたくさんございますので、
ご参考までにぜひご覧くださいませ(https://kinarino.jp/brand255/kw5505)。

写真のようにお好きな組み合わせでどうぞ。
http://www.shokunin.com/jp/hakusan/hirajawan.html



13418946_601062976729654_4683432508442033493_n

■夏らしく「花火」の柄を選びました。黒に花火のシンプルな柄が、普段暮らしている和室に派手すぎず地味すぎずピッタリ合うようです。今まで蚊取り線香の容器の蓋を使っていましたが、つまずいて灰をこぼしたり大変でした。こちらはフタもあり、どっしり動かず、さらに床に置いても高さがなくてスッキリしているので大変助かります。
京都府 職人.com女性スタッフ

くわな鋳物 蚊やり器(在庫がございますので当日発送が可能です)
http://www.shokunin.com/jp/kuwana/kayariki.html



afa0045c

0becd5a1

e6de7412

81063026

eb892861

74db2f0b

インドのイスラム建築は圧倒的な大きさですが、
驚きなのはそれらを建築したのが中央アジアの覇者であった
ティムール王国だということです。

ティムール王国はモンゴル帝国の継承政権の一つでしたが、
中央アジアの覇権争いに敗れて、東に移動し、
インド西部に第2次ティムール王国とも言うべきムガル帝国を建国しました。

続きはこちらからご覧くださいませ。
http://www.shokunin.org/archives/7391000.html

※社会活動ブログでは、日本や海外の価値ある伝統技術や文化について不定期に発信しております。