IMG_4636

IMG_4637

【ナカダのパンの桜あんぱん】

滑らかな口当たりの餡としっとりした食感の生地に、ほんのり香る桜の甘み。

「見た目は、小ぶりですが、食べごたえのある最高級のあんぱんです。袋を開封した時に、ふわーっと桜の香りが広がります。まさに、至福の時間の始まりです!是非、お召し上がりください!」

と公式ページにございますが、小ぶりだと思ったことは一度もありません。
むしろ、ずっしりと食べ応えがあります。甘味と塩味のバランスが絶妙で、
桜の爽やかさが良い仕事をしていて、いつも食べすぎてはいけない!と半分に割って食べていますが、
気が付くと2つ以上なくなっています。
半分に割った意味は・・・とその都度反省しています。

米麹菌と栃木県産のコシヒカリを炊いて混ぜ合わせ、熟成させた酒種生地に、
十勝産小豆を使った、味が濃く滑らかな食感のこしあんを包み、
パンの頭部には桜花の塩漬けを添え、パンの下に塩漬けされた桜の葉を一枚敷いてあります。

このかぐわしい桜の香りをまとった名物あんぱんは、
1936年栃木県佐野市に創業した、ナカダのパンの創業者の渡辺今朝次さんが考案し、
先代の庄次さんが磨き上げ、三代目の和雄さんが引き継いでいます。

オンラインショップや銀座ショールームから徒歩6分の「むらからまちから舘」にて購入できます。
ぜひ食べていただきたい、まさに至福のあんぱんです。

むらからまちから舘
https://goo.gl/maps/EQTqFPbC3XQ7QYU16
銀座ショールーム(金土日月の12-18時に営業)
https://www.shokunin.com/jp/showroom/ginza.html

参考資料:
https://www.sakura-anpan.com/item/17/ (オンラインショップ)
https://www.rheon.com/jp/works/page.php?id=29

151118 5049

HASAMIのトイグラタンがあれば、
オーブントースターに入れて焼きカレーにすることも可能です。
生産終了商品につき在庫限りで販売終了いたしますので、
ご希望の方はぜひお早めにご検討くださいませ。

HASAMI トイグラタン M
https://www.shokunin.com/jp/hasami/toygratin.html

151118 5116

151118 5162

151118 5187

リモートワークを続けている人の中には、
家でゆっくり朝食を食べることが多くなったという方も多いのではないでしょうか?
今回は朝食やおやつにぴったりなドライフルーツのヨーグルト漬けをご紹介いたします。

生のフルーツにヨーグルトをかけて食べるのももちろん美味しいのですが、
ドライフルーツを漬けることでそれぞれの美味しさが高まります。

作り方はとても簡単。
ドライフルーツがぎりぎり浸るぐらいのヨーグルト(できれば無脂肪)に
マンゴー、イチジク、プルーンなどのお好きなフルーツを漬けて、冷蔵庫で一晩寝かすだけです。

そうすると、ヨーグルトの水分をドライフルーツが吸い取り、
ドライフルーツはプルプルの食感に、ヨーグルトは水分が抜け、
まるでギリシャヨーグルトのようなコクと甘みが生まれます。

乾燥させたフルーツは、生で食べるよりもミネラルや食物繊維が多く、
お腹にも良いそうで、美容に気を使っている方や腸活をしている方にもおすすめです。

また、クランベリーやブルーベリー、レーズンを漬けておくとヨーグルトがピンク色に染まるので、
盛り付けると見た目も可愛らしくなります。
チーズやレバーペーストとの相性も良いので、クラッカーやトーストにのせて食べるのもおすすめ。

ドライフルーツの中でも特にマンゴーの食感が良く、ネットで話題になっていました。
ただし、数種類の果物を漬けると色が混ざってしまう場合があるので注意しましょう。

今回ドライフルーツのヨーグルト漬けに使用したのは、
野田琺瑯のスクウェアシール蓋付M。見た目のコンパクトさによらず0.8Lの容量があるので、
400gのヨーグルトにたっぷりのドライフルーツを漬け込んでも余裕があります。
手作りヨーグルトを作られる方にも使い勝手の良いサイズです。

ドライフルーツのヨーグルト漬けは、バナナやグラノーラとの相性も抜群です。
お気に入りの器に盛り付けてお楽しみください。

野田琺瑯 スクウェアシール蓋付 M
https://www.shokunin.com/jp/noda/
セラミック・ジャパン アヒルボール S
https://www.shokunin.com/jp/ceramicjapan/ahiru.html
松山陶工場 あたため鍋 小
https://www.shokunin.com/jp/matsuyama/

参考資料(レシピ):
https://kinarino.jp/cat4/13745
https://sma09ll.com/archives/1272