1

2

3

4

【桐の話】

かつて日本では、女の子が生まれると桐の木を植える風習がありました。
娘が嫁ぐときその桐で箪笥を作り、嫁入り道具としたそうです。
桐は成長が早く20年ほどで成木になります。
日本の木材の中では最も軽く、タンニン、パウロニン、セサミンなどの防虫効果のある物質が豊富に含まれ、
多孔質構造で防湿効果があり耐火効果もあるため、
着物をしまう箪笥にふさわしい木材であると言えるでしょう。

また、桐の紋は皇室の紋章や戦国大名の家紋で使用され、
現在では日本国政府の紋章として、そし500円玉の裏にも見られます。
これは、古代より中国王朝の瑞祥、吉祥としてあがめられてきた伝説の鳳凰の宿る木から来ています。
神聖なイメージと優れた性質の桐が、貴重な品々の保存箱として使われているのも理解できます。

山の形の桐のトレイは、スタッキングできる底面の形状が特徴。
大きな箪笥を入れるスペースを確保するのが難しくても、
衣類を畳んで収納したものを重ねておけば、衣替えの際などにも重宝します。
Tシャツなどもトレイの深さに合わせて畳み縦に並べれば、ある程度の数を収納できそうです。
衣類の保管には「M深」が、ハンカチやマスクの収納には「S深」がおすすめです。

すっきりとシンプルな収納を叶えてくれる桐のトレイは、
昭和5年から桐箱を作られている、山形市の有限会社よしだが製作されています。

山の形 桐のトレイ
https://www.shokunin.com/jp/yamanokatachi/kiri.html

参考資料
https://ja.wikipedia.org/wiki/キリ
https://www.shinrin-ringyou.com/tree/kiri.php
https://ja.wikipedia.org/wiki/桐紋

1

2

3

4

【たまざとう】

たまざとうは、上白糖の製造過程で取り除かれる糖蜜を、
サトウキビから採れた粗糖に加えて煮詰め、水分を飛ばし乾燥させたもの。
そのため、カロリーはさほど変わらないのに、
上白糖や三温糖よりも多くのカリウムやカルシウム、マグネシウム、リン、鉄分が含まれています。
独特の甘味で、料亭で煮物などの隠し味として重用されています。
お菓子やお料理に深いコクや風味を加えることができ、いつもの味がワンランクアップします。

大正7年からたまざとうを精糖している宮崎商店のある東京都江東区は、
原料の運搬に小名木川の水運が便利だったことから、
国内初の精製糖工場があり、「砂糖製造発祥の地」といわれています。
今では、たまざとうの製糖をしているのは、
昔ながらの製法を守り続けてきた宮崎商店1社のみとなってしまったそうです。

先日、いつも好んで食べている盛岡駄菓子の袋の裏面の原材料に、
「たまざとう」と書いてあるのを見つけ、盛岡でも活躍してるのかと驚き、嬉しくなりました。

ヨーグルトやトーストにのせたり、あんこを作るときにいつものお砂糖の代わりに使ったり。
お菓子以外にも、お醤油と合わせた甘塩っぱい味付けや、
カレーや煮物の隠し味にと、お好みに合わせてさまざまなお料理にお使いいただけます。

たまざとうは、銀座ショールームから徒歩1分の「食医心方」で買うことができますので、
併せて訪れてみてはいかがでしょうか?

銀座 食医心方
https://goo.gl/maps/anVCCtjF4BVfnhJo6
銀座ショールーム(金土日月の12-18時に営業)
https://www.shokunin.com/jp/showroom/ginza.html

参考資料
https://e-osatou.com
https://delishkitchen.tv/articles/196#contents1
http://tokyokoto.blog.shinobi.jp/北砂/精製糖工業発祥の地碑
https://masumoto.co.jp/ja/syokuishinho/

1

2

3

【白山陶器の湯のみ猪口が加わりました】

湯のみ猪口はお茶用だけでなく、蕎麦猪口や小鉢として多用途にお使いいただけます。
天草陶石の透明感を最大限に生かした白磁の上質さが魅力です。

森正洋氏から直接指導を受けた白山陶器の阪本やすき氏が2002年にデザイン。
2008年グッドデザイン賞を受賞しました。

白山陶器 湯のみ猪口
https://www.shokunin.com/jp/hakusan/yunomi.html