151118 5957

【大アウトレット展を6/26(日)より開催いたします】

京都市中心部の三条ショールームにて、大テーブル丸ごとアウトレット品が数十点並びます。

店を運営しているとどうしても出てきてしまうアウトレット品。
小さなキズがあるものなど、使用に全く差し支えのないものですので、
ぜひこの機会にお得にお買い求めくださいませ。
中にはオンラインストアで完売したものもございます。

ある程度売り切れましたら予告なしに終了させていただきますので何卒ご了承ください。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

三条ショールーム
https://www.shokunin.com/jp/showroom/sanjo.html

1

2

3

4

【山中漆器と我戸幹男商店】

山中漆器とは、石川県加賀市の山中温泉地区で作られている漆器の総称です。
山中は、石川県内における漆器の3大産地の一つに数えられ、
それぞれ「塗りの輪島」「蒔絵の金沢」「木地の山中」と称されています。

原木を輪切りにして木材を取り出す「縦木取り」を主流とし、
乾燥による歪みが発生しづらい堅牢な作りをしています。
そのため山中漆器が得意とする、ろくろによる精巧な挽物技術が可能になり、
薄挽きや蓋物、ろくろを回して木地に刃物を当て模様をつける「加飾挽き」などの
細かな装飾を施すことができるようになりました。

その始まりは16世紀の後半、
木地師の職人たちが山中温泉上流の真砂(まなご)に定住したことだといわれています。
当初は温泉客への土産物として生産されていましたが、
その後、京都や金沢から蒔絵や漆塗りの技法を取り入れて発展を遂げ、
現在では挽物木地の生産量日本一を誇ります。

我戸幹男商店はそんなろくろの町、山中温泉に我戸木工所として明治41年に創業しました。

松尾芭蕉の俳諧理念の一つで、変わらない伝統を継承する一方、
常に新しさを取り入れることこそが不易の本質であるという「不易流行」を理念に掲げ、
漆器作りを行っています。
山中漆器の商人や職人が歴史の中で積み上げてきた精神や技を「不易」、
その実践における不断の変貌を「流行」と捉え、その姿勢を守り続けています。

Karmiは、同じく芭蕉の俳諧理念である「軽み」から引用され、
日常から発見された美を知識や技巧に凝ることなく表現された、
内側から滲み出るような美しいデザインです。

ろくろ挽きによる同心円から生まれる無駄のないシルエットは、日本の和の美意識に基づいて考案され、
表面に施された細かな加飾挽きや精密な蓋の作りからは、山中漆器の伝統を感じることができます。

それぞれSoji、Fuki、Sumiの3色。
中でもFukiは、生漆(きうるし)と呼ばれる透けた漆を塗っては布で拭き取る作業を繰り返す
「拭き漆」仕上げとなっており、透明感のある漆の質感を楽しむことができます。

しなやかな形の鶴仙は、山中温泉の景勝地「鶴仙渓(かくせんけい)」の流れからイメージされた片口です。
薄く仕上げられた注ぎ口や、手に馴染む絶妙な曲線は、美しさと実用性を兼ね備えた目を惹くデザイン。
縦木取りによって生まれる木目は水紋を連想させます。

現在Karmi、鶴仙ともに三条ショールームにて展示・販売しております。
ろくろ挽きによるなめらかな手触りや、精緻な加工をぜひお手にとってご覧ください。

我戸幹男商店 Karmi Tea Canisters
https://www.shokunin.com/jp/gato/karmi.html
我戸幹男商店 片口 鶴仙
https://www.shokunin.com/jp/gato/kakusen.html
三条ショールーム(年末年始以外年中無休、12-18時に営業)
https://www.shokunin.com/jp/showroom/sanjo.html

参考資料
https://www.gatomikio.jp
http://www.icnet.or.jp/dentou/national/04.html
https://www.yamanakashikki.com/about/

IMG_1916

コロナ禍に立ち向かい、東京・銀座と北九州市若松区にショールームを開設したこの1年半でしたが、
日本という国の大きさをリアルタイムに感じられる日々です。
先ほど若松では雷が鳴っていたそうですが、ここ京都や銀座では蒸し暑い真夏日となっております。

職人.comでは、国際色豊かな、また多様な経験を持つスタッフの活躍により、
日本発のさまざまな独自コンテンツを提供することで、
今月ついに海外向けの売上が国内向けに並びました。
2004年の創業以来初めてのことです。

応援してくださる皆様や関係者の方々のおかげでございます。
これからも京都の小さなグローバル企業として頑張ってまいりますので、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
※写真は職人.com本社から徒歩数分の場所にある醸造所、
ウッドミルブルワリーさんのタップルーム(土日のみオープン)です。

ショールームのご案内
https://www.shokunin.com/jp/showroom/
ウッドミルブルワリー・京都
https://woodmill-brewery.kyoto/