IMG_5858

IMG_5857

金継ぎは、ウルシノキから採取した樹液を使って、壊れた器を修復する日本の伝統技法です。
漆は乾燥すると非常に強い硬化作用があります。
日本ではその性質を生かして、9000年前の縄文時代から器の接着などをしていました。

今では海外でも「kintsugi」として認知されていますが、
先日行われたパラリンピックの閉会式で、国際パラリンピック委員会のアンドリュー・パーソンズ会長が、
「誰もが持つ不完全さを受け入れ、隠すのではなく大事にしようという考え方です」と、
金継ぎがパラリンピックの理念に通じると紹介し、世界的に知られるようになったのではないでしょうか。

金継ぎの工程は、物によりますが7工程あり、次の工程に移るまで数日かけて漆を乾燥させるため、
出来上がるまでに半年以上かかることもあります。

直す時は、使っていた人、これから使う人のことを考え、その物にどんな雰囲気の仕上げが合うか、
フォルムはふっくらさせるか、フラットにするか、掘り下げるか、見た目はツルッとさせるか、凸凹とさせるか、
線の太さは?色は?金の粒子の大きさは?などなど器と対話しながら作業を進めます。
それはそれはとても楽しい時間です。
出来上がった時に、器にお礼を言われたような気持ちになります。

壊れてしまったけれども捨てられないものを修復することで、
使うごとにそのキズを眺めては、その時の出来事や人を思い出し、大切に使い続けることができます。

今回お直ししたTOUCH CLASSICの風鈴は、
ガラスに重ねた玉虫塗りの黒が、深い青にも見えたので、
銀河をイメージした質感にした上に銀粉を蒔いて仕上げました。

愉しみながら、物を大切にする。いつに間にか環境に優しい生活ができる。
昔の日本人が当たり前のようにしていたことが、もっと広がると良いですね。

TOUCH CLASSIC 風鈴
https://www.shokunin.com/jp/touchclassic/furin.html

参考資料
https://table-life.com/columns/post/29896
https://news.yahoo.co.jp/articles/64cc72e4087fbaf40b18211324f6f3993c3db99f

1

2

3

4

【ご飯の美味しい季節】

そろそろ新米の季節です。そして「食欲の秋」に近付いてきましたね。

地域によっても新米の時期は異なるため、沖縄や九州などの南の地域は7月頃から、
そこから徐々に北上し、9月頃になると米どころである東北地方や北海道のお米が登場します。

秋はきのこ類や人参、さつまいもなどの野菜も旬を迎えます。
さまざまな炊き込みご飯が美味しく作れる時期ですね!
それを考えただけでも、秋が待ち遠しいです。

今年は、古伊賀土鍋で炊き込みご飯を作ってみるのはいかがでしょうか?
お米の自然な甘みが感じられ、おこげも楽しめる土鍋です。
皆さんの作られた炊き込みご飯の写真をスタッフ一同楽しみにしています。

TOJIKI TONYA 古伊賀ご飯鍋
https://www.shokunin.com/jp/tojikitonya/koiga.html
東屋 宮島しゃもじ 六寸半
https://www.shokunin.com/jp/azmaya/miyajima.html
大久保ハウス木工舎 栗の杓文字
https://www.shokunin.com/jp/okubo/shamoji.html
松屋漆器店 白木塗重箱
https://www.shokunin.com/jp/matsuya/

参考資料
https://smartagri-jp.com/food/848
https://park.ajinomoto.co.jp/recipe/search/?search_word=炊き込みご飯

1

2

3

4

【手仕事フォーラムの日本の手仕事カレンダーが入荷いたしました】

毎年ご好評を頂いている手仕事フォーラムの日本の手仕事カレンダーは、
小田中耕一氏による日本の手仕事を題材とした型染めを印刷して作られています。

簡素で美しく温かみのある意匠は、小田中氏の人柄と、
人間国宝の染色工芸家・芹沢銈介の門下で学んで得た感覚、
代々続く染物屋の伝承した技によるものです。

ご挨拶の品として手渡しできるほか、封筒に切手を貼ってお手紙と一緒に郵送することもできます。
数量に限りがございますので、ぜひお早めにご検討くださいませ。

手仕事フォーラム 日本の手仕事カレンダー
https://www.shokunin.com/jp/teshigoto/calendar.html