1

1.5

2

3

小笠原陸兆のフライパンでトッポッキを作りました。
熱々で食べられるのはもちろんのこと、利き手を選ばない注ぎ口のおかげで、
ソースも残さずに美味しく食べることができます。

小笠原陸兆氏が遺した名作のフライパンは、毎日のように当店から世界に飛び立っています。
和洋中のみならず、世界中の料理にお使いいただける南部鉄器のフライパンをぜひご活用ください。

小笠原陸兆 フライパン
https://www.shokunin.com/jp/rikucho/fryingpan.html

!cid_38B0BE41-B00B-4F2E-8AC8-4D49BB3A4E4A

日本庭園や神社仏閣の境内などで、縄を掛けた石が置かれているのを見られたことはありませんか?
これは「止め石」といい、ここから先は入れないことを表すためのものです。
丸い石に黒い棕櫚縄を十字に掛けたものが一般的で、
止め石のほかに「関守石」や「留め石」と呼ばれることがあります。

茶庭や茶室までの露地の飛び石に用いられることもあり、
その先で茶会などが催されている際に、茶会の妨げにならないようにする目的もあります。
また、いくつかに分かれている道に置くことで、訪れた人を正しい道へ誘導する役割も果たします。

簡素な造形であるため景観に溶け込みながらも、
境界や結界を表したり道しるべになったりとさまざまな役割を担い、
止め石は先人の奥ゆかしい配慮と知恵が詰まった文化と言えるでしょう。

参考資料
https://ja.wikipedia.org/wiki/止め石
https://ja.wikipedia.org/wiki/結界#茶道における結界

151118 1237

151118 1238

151118 1261

151118 9943

【細千切りピーラーで作るじゃがいもサラダ】

西安出身のスタッフが教えてくれたじゃがいもサラダ。
元々は中国の西北地域の料理でしたが、
現在ではネットで紹介されて中国全土に広がり、家庭料理として食べられているそうです。

ヨシタ手工業デザイン室の細千切りピーラーを使うと、
そうめんのような細さのしゃきしゃきとしたサラダを作ることができます。
自家製のラー油をかければ、美味しさも倍増します。
簡単に作れますので、ぜひお試しください。

[材料] 2人分
じゃがいも 2個
塩 少々
にんにく(すりおろし) 1かけ
青ねぎ 少々
ラー油 少々

[作り方]
1. 皮をむいたじゃがいもを、細千切りピーラーで千切りにする。
2. 沸騰したお湯に入れ、すぐに引き上げて水で締めたら、ざるで水分をよく切る。
3. すりおろしたにんにく、斜め切りにした青ねぎ、塩を入れて全体を混ぜる。
4. 3にラー油をかける。

ヨシタ手工業デザイン室 細千切りピーラー
https://www.shokunin.com/jp/yoshita/peeler.html
conte まかないボウル180
https://www.shokunin.com/jp/conte/bowl.html
青龍窯 鉢
https://www.shokunin.com/jp/seiryu/hachi.html
自家製ラー油のレシピ
https://jp.shokunin.com/archives/52000521.html