151118 4315

151118 4344

松山陶工場のあたため鍋小を使ってチーズフォンデュを作りました。
前々からこのサイズはチーズフォンデュに良いのではと思っていましたが、
やってみたところ合いすぎて驚きました。
晩酌のおともにぴったりです。ぜひお試しください。

松山陶工場 あたため鍋 小
https://www.shokunin.com/jp/matsuyama/
レシピ(チーズは半分、白ワインはそのままの量で作りました)
https://oceans-nadia.com/user/40170/article/3075

151118 818

151118 814

151118 800

151118 809

【国が護る、木曽ひのき】

木曽ひのきは、長野県木曽谷地区および岐阜県中津川市加子母地区に多く見られます。
この地域が古くから「木曽」「裏木曽」と呼ばれていたことが「木曽ひのき」の名前の由来です。
優れた耐久性や高い抗菌性、香り、美しさを兼ね備えており、
奈良の法隆寺、薬師寺、名古屋城の本丸御殿、伊勢神宮など、
日本有数の建築物、仏像に使用されています。

この木曽ひのきが建築材として注目を集めたのは、豊臣秀吉が天下人となった安土桃山時代に遡ります。
大阪城や伏見城の築城をきっかけに、全国で木曽ひのきが使われるようになっていきました。
大量伐採による資源の枯渇を危惧した尾張藩は、厳しい掟を定めて森林保護対策を行っていきます。
尾張藩は明治2年(1869年)まで、その後は国が厳しく管理しています。

東屋のまな板は、その貴重な木曽ひのきから作られたもので、
樹齢200年以上の良質なものが使われています。
まな板の中でも木製は包丁が傷みにくいとされ、
もし汚れたりへこんだりしても、表面を削ることで長くご使用いただけます。

現在銀座ショールームに小を展示しております。
お近くの方はぜひお越しくださいませ。

東屋 まな板
https://www.shokunin.com/jp/azmaya/manaita.html
銀座ショールーム(金土日月の12-18時に営業)
https://www.shokunin.com/jp/showroom/ginza.html

参考資料:
https://kisohinoki300.com/pages/kiso-hinoki
https://www.rinya.maff.go.jp/chubu/policy/business/sigoto/kiso-hinoki/hinoki01_01.html

4114244_m

2209825_m

勧修寺(かじゅうじ)は、醍醐天皇が生母藤原胤子を弔うため、
900年に創建した皇室ゆかりのお寺です。
平安・鎌倉期には皇室や藤原氏の保護を得て、宮門跡寺院として栄え、
応仁の乱により焼失した境内は、江戸時代に復興されました。

京都市山科区にあるこのお寺の見どころは、
東山連峰の山々を借景にした京都市の名勝に指定されている池泉回遊式庭園の氷池園。
冬にはマガモが訪れる、自然美豊かな庭園です。
氷室池の周りを歩いて散策すると、ほとりに咲く花菖蒲や水面を彩る睡蓮、
秋には色鮮やかな紅葉がとても綺麗です。

重要文化財の書院には、土佐光起・光成親子による煌びやかな襖絵や、
水戸光圀公により寄進された勧修寺型灯篭が見られる前庭があり、勧修寺の見どころが詰まっています。
また、境内には樹齢750年を超える這柏槙や、樹齢350年を超える山桃の老木もあり、
植物の生命力を感じることができるスポットとなっています。

勧修寺は桜の名所としても知られており、
2005年の「そうだ 京都、行こう。」のポスターに勧修寺の桜風景が選ばれました。
春には約40本の桜が築地塀の参道や楼閣風の建築様式で建てられている観音堂を美しく包み、
上品で雅やかな景色を演出します。
早咲きの桜が多いため、一足先に春を堪能することができます。

桜や紅葉の季節に勧修寺を訪れる際には、
散策にぴったりな当店のグッズをご利用ください。

勧修寺
https://goo.gl/maps/kXpJSwAq4YYvKWjg8
エムピウ ミッレフォッリエ2
https://www.shokunin.com/jp/mpiu/millefoglie2.html
岡井麻布商店 手織り麻ハンカチ
https://www.shokunin.com/jp/okai/handkerchief.html
ao カラーハンカチ
https://www.shokunin.com/jp/ao/handkerchief.html

参考文献:
https://souda-kyoto.jp/guide/spot/kajuji.html
https://souda-kyoto.jp/blog/00351.html 
https://ja.kyoto.travel/tourism/single02.php?category_id=7&tourism_id=251 
https://kyoto-design.jp/spot/2704 
https://www.okeihan.net/recommend/flowers/spot-search/19_kajyuji.php 
https://kotobank.jp/word/%E5%8B%A7%E4%BF%AE%E5%AF%BA-462269