A-10569-850_E0133884

【梅雨】

ベタベタとまとわりつくような蒸し暑さを感じる日本の梅雨。梅雨の時期や夏場は、温度の高さに伴って空気中に含まれる水蒸気量が増えるため、ムシムシとした不快な暑さを感じます。

体感温度は、気温が同じでも湿度や風(気流)の有無などによって変化するようです。汗をかくと、汗が蒸発し気化するときに熱を奪うことで(気化熱)、皮膚の表面温度が下がり涼しく感じるのですが、湿度が高いと汗が蒸発しにくくなり、体温が下がりづらくなってしまいます。そのため、梅雨時にはどうしても蒸し暑さを感じますね。快適な温度と湿度を保つには、除湿すること、空気を循環させることと、カーテンなどで断熱・遮熱することが効果的とされています。

梅雨という言葉自体は、もともと中国から伝わったとされていますが、語源には諸説あります。一説によると、梅の実が熟す5~6月ごろに降る雨であることから「梅雨(ばいう)」といわれるようになったとのこと。もう一つは、湿度が高くなりカビが生えやすい時期のため、黴(かび)の音読みである「バイ」から「黴雨(ばいう)」になり、カビは印象が悪いので、同じ発音の「梅」を使い「梅雨」と書くようになったというもの。ではなぜ日本では梅雨を「つゆ」とも読むのかというと、葉っぱの「露」や、梅の実が熟して潰れるという意味の「潰(つい)ゆ」からではといわれていますが、江戸時代から使われている「つゆ」の始まりは、明確には分かっていないそうです。

古くから日本の生活に根づき、今も伝統的な手法で作られ続けているうちわ。うちわは扇いで風を起こし、体の周りの湿度の高い空気がはらわれることで涼しくなります。昔ながらの方法で涼を感じながら、日本の夏の風情を楽しんでみるのはいかがでしょうか?

栗川商店 渋うちわ
https://www.shokunin.com/jp/kurikawa/

参考資料
https://ja.wikipedia.org/wiki/梅雨
https://ja.wikipedia.org/wiki/うちわ
https://www.egmkt.co.jp/column/consumer/20210506_EG_067.html
https://johukuji-kids.com/第7話%E3%80%80うちわで扇げば%E3%80%80何故涼しい?/
https://colbase.nich.go.jp/collection_items/tnm/A-10569-850?locale=ja (ColBase:歌川国芳『東都御厩川岸之図』)

no title

1

2

3

【かき氷屋 えん】

長崎県の波佐見焼メーカー・マルヒロが手がける私設公園「HIROPPA」から歩いて2分ほどのところにある、築86年の歴史を感じる風情漂う日本家屋「OUCHI」。そこで夏季限定(4月末~9月ごろ)で出合えるのが「かき氷屋 えん」です。「えん」のかき氷は、天然氷のかき氷専門店・中町氷菓店監修、「南アルプス八ヶ岳 蔵元八義」の天然氷のみを使用されているんだとか。

私が頼んだのは“生いちご”。目の前に届いた瞬間からテンションが上がります。顔よりも大きくて、崩れてしまわないように、どこにスプーンを入れていけばいいのかという幸せな悩みができちゃうほど。ふわっふわの氷の中から覗く波佐見産ゆめのかは、鮮やかに赤くて甘酸っぱくて少しセクシーでした。この夏は、魅力的な新メニューも登場しているので、また次回OUCHI内で食べてみたいです。“とろけるあまいニイハオ”にとろけたい。“至福のショコラ沼”に沼りたい。マルヒロの敷地全体に散りばめられている遊び心がたまりません。ぜひ体感してみてくださいね。

HIROPPAは、「波佐見焼・アート・自然・食・音楽」など、さまざまなカルチャーを体験できる自然いっぱいの公園。敷地面積1200坪の園内は芝生が広がり、大人も子どもも思いっきり駆け回ることができます。当店では、マルヒロが長崎県波佐見町から発信する波佐見焼のブランドであるHASAMIを販売しております。「道具、武骨さ、遊び心」をテーマとし、日常生活の中での使いやすさを追求した暮らしの道具です。

HASAMI
https://www.shokunin.com/jp/hasami/
HIROPPA
https://hiroppa.hasamiyaki.jp
マルヒロのごはん部門 えん
https://hiroppa.hasamiyaki.jp/info/en/

1

2

3

4

【価格改定のご連絡】

原材料費の高騰に伴い、いくつかの商品が2024/8/1に値上がりいたします。ご検討中の方はぜひそれまでにご注文くださいませ。

青龍窯(一部商品を除きほぼすべて)
https://www.shokunin.com/jp/seiryu/kobachi.html