First_Kyoto_Station

Kyoto_Station_Early_Showa

Kyoto_Station_(building_of_the_third)_Kyoto,JAPAN

Kyoto_Station_November_2016

京都駅は140年以上にわたり京都の入り口でした。
ただし、厳密に言えば、現在の京都駅は最初の京都駅から140m南に位置しています。
京都駅は3回改築され、過去の建築は京都の文化の様々な時代と変遷を真に反映してきました。

初代京都駅は当時の京都市民の多くを驚かせたスマートなレンガ造りの建物でした。
二代目はルネッサンス建築様式の二階建て総ヒノキ造り。
三代目は昭和を象徴するような鉄筋コンクリートの近代的な建物です。

現在の京都駅は、「京都は歴史への門である」というコンセプトに基づき、
著名建築家の原広司氏により設計されました。
建築は、京都の連続した街並みと、平安京の特徴である碁盤の目を表現しています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E9%A7%85 (※写真はウィキペディアから)