151118 5177

京都大学博士課程に在籍中の当店中国人スタッフが、日の丸弁当についての記事を書いてくれました。
ぜひご一読くださいませ。

=============

日本の国旗は「日の丸」と言います。デザインは白地に赤い丸です。日の丸の意味は、太陽が昇ることです。元々、「日本」という国の名前が「太陽の昇る国(日ノ本)」という意味です。ということで、国旗の真ん中の赤い丸は太陽を表します。

太陽を描くとき、オレンジや黄色にする人が多いでしょう。実は、昔の日本の国旗は赤地に黄色い丸でした。白地に赤い丸になった理由はいくつかあります。中には、源平合戦が由来という説があります。

源平とは源氏と平氏という昔の日本の大きな武士の集団です。源氏と平氏は長い間戦っていました。平氏は赤地に黄色い丸の旗を使い、源氏は白地に赤い丸の旗を使いました。最後は源氏が勝ったため、白地に赤い丸が日本の国旗になりました。

日本人は普段から国旗を使うことはありませんが、日の丸に馴染んでいると言えます。その例として、「日の丸弁当」があります。日の丸のように、白ご飯の中心に梅干しが一つだけあるお弁当を「日の丸弁当」と呼びます。もし平氏が勝ったのなら、「日の丸弁当」は生まれて来なかったかもしれません。

お盆休み中に、日の丸弁当を久しぶりに一つ作ってみませんか?

=============

https://www.shokunin.com/jp/kurikyu/mutosou.html (曲げわっぱのお弁当箱)
https://www.youtube.com/embed/TWB7oWn1BHI (動画)