shokunin.com

アクセスカウンター

    SEN-KOTSU工房は扇子作りの技術から生まれたブランドです。毎年この時期になるとたくさんのご注文を承ります。

    • 2017年06月19日
    19275282_794823990686884_2589402640614269105_n

    19225702_794824044020212_2892762995145865100_n

    19247792_794824064020210_1108769340830220458_n

    19260273_794824097353540_5947017568308817280_n

    SEN-KOTSU工房は扇子作りの技術から生まれたブランドです。
    毎年この時期になるとたくさんのご注文を承ります。

    扇骨とは文字通り、扇子の骨の部分のこと。
    国産の扇の扇骨の9割が、滋賀県高島市で生産されています。

    その高島の地に300年以上前から伝わる高島扇骨の技術を使い、
    現代に通じる扇子を製作しているSEN-KOTSU工房。

    扇子といえば扇面が主役だと思われていますが、
    SEN-KOTSU工房の扇子は、職人が作る美しい扇骨が主役です。

    扇骨のうち両外側の2枚は「親骨」、内側は「仲骨」と呼ばれ、
    完成までに必要な34もの工程を分業制で行うのが当たり前の扇骨業界において、
    SEN-KOTSU工房では材料調達以外の工程全てを工房のスタッフが行っています。

    美しい扇子をぜひご覧くださいませ。
    https://www.shokunin.com/jp/senkotsu/

    ■先日急いで届けていただきました。扇子を無事に誕生日プレゼントに渡すことができました。いつも安物の扇子を使っていたので、初めての大人の扇子に喜んでくれました。そろそろこういうちゃんとした扇子を持たないとダメだねとか言って。見た目も恰好いいのですが、扇ぐと、とても気持ちのいい薫りがして気持ちが安らぎましたし、何よりも喜んでもらえたのが嬉しかったです。商品発送のご連絡ありがとうございます。おかげさまで誕生日プレゼントに間に合い、感謝いたします。今後ともよろしくお願いいたします。
    神奈川県 加藤華奈子様
    記事検索