2019年06月

i18

i19

i21

i22

【新商品】

安比塗漆器工房の6寸平鉢が加わりました。

和食はもちろん、カレーやシチュー、サラダなどの洋食にもぴったりの器です。
卓上でフルーツやお菓子を載せたりして毎日お使いいただけます。

漆製の箸やスプーンを一緒に使えば、器に傷が付きにくいのでおすすめです。
https://www.shokunin.com/jp/appi/bowl.html



i2

i5

i14

i20

【再入荷】

一菱金属のすくいやすく注ぎやすいレードルが再入荷いたしました。

両端の角は注ぎ口の役割も果たし、利き手に関係なくお使いいただけます。
ゆるやかな曲面が鍋の側面にフィットし、ストレスなくすくえます。

Red Dot Design Award 2017(ドイツ)を受賞。
https://www.shokunin.com/jp/ichibishi/





お昼に冷や汁ご飯を作って食べました。
恥ずかしながら世の中にこんなに美味しい食べ物がまだあったのかと感動いたしました。
松山陶工場の行平鍋5号で3~4人前をお作りいただけます。
https://www.shokunin.com/jp/matsuyama/

ちなみに冷や汁は以下の2つのレシピを参考にして作りました。アジの代わりにサバ缶を使っております。

(2人分)
キュウリ 1本
茄子 2分の1本
ミョウガ 2本
大葉 5枚
白ゴマ 大さじ2
味噌 大さじ3くらい
豆腐 2分の1丁
サバ缶 2分の1
塩 少々
だし汁 濃い目のもの450ccくらい

1. キュウリとナスを薄切りにし、塩をもみこんでしばらく置く。
2. ミョウガは斜め薄切り、大葉は細く切っておく。
3. 豆腐は水切りをし、サバの身を荒くほぐす。
4. 杓文字に味噌を塗り、直火で焦げ目がつくまで焼く。
5. ゴマを半分ほど擦り、味噌全量、だし汁を少量混ぜてペースト状にする。
6. 5を行平鍋に入れ、残りのだし汁を加え、塩で味を整える。
7. キュウリ、ナス、ミョウガ、豆腐、サバをスープに入れ、好みで氷を浮かべる。
8. ご飯にかけて頂きます。

メシ通さんのレシピ
https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/atsushi-hakuo/16-00188

ケンタロウさんのレシピ
ぶっかけご飯 冷や汁風
https://www.kyounoryouri.jp/recipe/3800_%E3%81%B6%E3%81%A3%E3%81%8B%E3%81%91%E3%81%94%E9%A3%AF%20%E5%86%B7%E3%82%84%E6%B1%81%E9%A2%A8.html