2017年12月

26112432_749531848568625_3622231611867734982_n

26167076_749531875235289_3182812629866195432_n

26055706_749531841901959_5861079997917055698_n

26047492_749531845235292_4047643721114444490_n

Skippy®のピーナッツバターが好きで良く食べるのですが、
庖丁工房タダフサのバターナイフがぴったりでした。

スプーンですとパンに塗るのに少々手間取りますが、
こちらを使うと素早く綺麗に塗れました。

ぜひご検討くださいませ。
https://www.shokunin.com/jp/tadafusa/butter.html



26114203_891679664334649_8270645838213912740_n

26047187_891679701001312_3076301286617987305_n

26168322_891679741001308_919198835817394988_n

26001419_891679817667967_5521100617356697270_n

こちらは和歌山県は高野口伝統の再織りのマフラーです。

「再織り」とは、明治10年に和歌山県の織物の町・高野口町で、
前田安助氏によって、ヨーロッパのシェニール織りを参考に創案された類稀な特殊織物です。

一度横縞に織った生地を縦糸に沿って裁断し、
毛羽だったモール糸にして、それを手織り機で再び柄に合わせて織っていきます。
この「2度織る」工程から「再織り」と名付けられました。

その気品溢れる鮮やかな色合いと優しい風合い、
そして柔らかな手触りは国内外で好評を博し、「幻の織物」と呼ばれてきました。

再織りの特徴は、何と言ってもその丈夫で存在感のある生地。
綿100%で作られているため、肌にとても優しいです。
また、生地が厚いので、綿なのに体温を逃がすことなく冬でもあたたか。
綿なので春や秋でも気軽にかけることができます。

何度洗濯機で丸洗いしても、そのままの厚みのある柔らかな手触りが特長です。
全て織り心にて手織りした、あたたかいぬくもりをぜひ感じてください。
https://www.shokunin.com/jp/origin/scarf.html



inu1big[1]

東屋の干支箸置/戌(いぬ)が4点のみ明日入荷いたします。
毎年ご好評を頂いている数量限定の干支箸置きです。

売り切れ次第販売を終了させていただきます。
4点に引き当てできなかった場合は1月中旬頃のお届けを予定しております。

ぜひご検討くださいませ。
https://www.shokunin.com/jp/azmaya/inbanhashi.html