2013年11月

top5[1]

東京下町の職人がつくるSyuRoの丸缶・角缶が加わりました。

数カ月使い込めば風合いが出てきて、
いずれはアンティークのような宝物になります。

使い方は自由。
様々な雑誌で紹介されていますが、
私はお茶っぱを買ってきて、一袋そのままブリキ缶大に入れています。
無駄がないシンプルで使いやすい逸品です。

ぜひご覧ください。

fceaa720-s[1]

2[1]



top4[1]

無駄を一切なくした美しいデザインでありながら、
二重構造になっていることで、
どんなに熱いお茶を入れても手元が熱くなりません。

茶渋が取りやすいように底に丸みを持たせたいという、
大のお茶好きの秋田道夫氏は、
陶器メーカーや碍子メーカーに相談するも完成せず、
セラミック・ジャパンに辿り着いたそうです。

「セラミック・ジャパンで出来ないものは他でも出来ない」と、
あるデザイナーが雑誌で語ったように、
高い技術力をもって見事完成させました。

秋田氏も愛用するこちらの湯のみ。
歳月を経て完成した傑作です。
ぜひ美味しいお茶や珈琲をお楽しみください。
秋田道夫氏デザインの湯のみ 80mm


img1b[1]