shokunin.com

アクセスカウンター

    まもなく手描きTシャツから送料を頂く形になります。

    • 2012年10月30日
    u142022_018[1]
    職人.comが、2005年から販売させて頂いている大人気商品、
    名入れ手描き子供服からまもなく送料を頂く形に変更となります。
    5月以前と同じように630円を予定しています。

    他の商品はこれまでどおり、
    全てメーカー小売価格のまま、全国送料無料となります。

    ご検討中の方は、ぜひ送料無料の期間中にご注文下さいませ。
    http://www.shokunin.com/jp/hosoi/kodomo.html

    公式ブログでお伝えできてなかったけど、実店舗オープンしました(汗)

    • 2012年10月25日
    jitu1[1]

    2008年4月より借りている京町家の一階を、
    ギャラリーのようなショップにしました。

    選び抜いた商品しか置いていませんが、
    職人.comの扱っている商品のクオリティなどを
    確かめられる場所となっています。

    また、何と言っても築90年の京町家の雰囲気が
    大変素晴らしいのです!!これをぜひ味わってもらいたいと思ったのと
    今まで対面することのなかったお客さんと
    しゃべってみたいなーと思いました。

    今年度いっぱいは、運営者の櫻井が
    100ヶ国達成プロジェクトというものを勝手に名付けて
    世界をまわっていますので、たまに不在のときがあります。

    そのときは社員が対応しますので
    よろしくお願い致します。

    櫻井の旅の様子などは櫻井ブログでご覧頂ければと思います。
    現在73カ国になります。

    ちなみに100ヶ国達成プロジェクトの次は、
    10ヶ国進出プロジェクトです。
    職人.comを世界に進出させます。

    まずは5年以上一緒にやっているパリのパートナーと共に
    パリの中で、このような小さな古民家を借りて
    一階をギャラリーショップ、二階をオンラインショップ事務所にして
    運営したいと思っています。

    フランスの次はドイツ、イギリス、イタリア、アメリカと
    展開していきたいと思います。

    10ヶ国の候補を一応出しました。
    アメリカまでで日本もいれて6カ国なので、
    次はスペイン、カナダ、オーストラリア、シンガポールでしょうか。
    だいたい英語圏なので最後らへんは楽です。

    なぜ小さなシンガポール?と思われるかもですが、
    私、櫻井はシンガポールに7年間幼い頃住んでいたので、
    両親に自分の成長を見せたいし、私自身も憧れの国です。

    10ヶ国終わればASEAN諸国、中東、ロシアなどに
    展開できればと思います。
    最終的に50ヶ国に展開できればと。
    そして世界で最も小さな超グローバルショップを実現したい。

    上に書いたギャラリーショップ、オンラインショップともう一つ、
    都心の一等地に出すリテイルショップの3つの柱で
    グローバルショップにしたいなぁ・・

    以上櫻井の妄想でした。

    クラフト木の実さんの離乳食用の食器が、ご出産祝いに大人気です。

    • 2012年10月24日
    222521_532555603436776_1386083260_n[1]
    クラフト木の実さんの離乳食用の食器が
    ご出産祝いに大人気です。

    当店は、7年前から雅楽・音・WASHオーナー細井隆之さんが
    プロデュースする手描きTシャツの
    唯一の販売代理店を幸運にもさせて頂いているので、
    毎月何百件とご注文を頂きます。

    手描きTシャツ
    http://www.shokunin.com/jp/hosoi/kodomo.html

    これに匹敵するような素晴らしい
    お子様向け商品をずーっとずっと探してきました。

    それがこちらのてのひら皿と食べさせスプーン。
    実際に友人のお子さんお借りして
    カフェで撮影したのですが、お子さんもとても気に入ってました。

    離乳食の時期が終われば、
    塩や薬味などを入れる器やアクセサリー入れなどになり
    一生お使いいただくことも可能です。

    赤ちゃんの頃の想い出をいつまでも・・
    「ママとベビーの宝物」になります。

    ぜひぜひご覧下さい。
    http://www.shokunin.com/jp/konomi/tenohira.html
    記事検索