top[2]
「鎚起銅器」(ついきどうき)の伝統技術を
二百年弱に渡って継承している唯一の企業、玉川堂。

玉川堂の一族に生まれ、
玉川堂で10年間修行したのち、
本当に作りたい形を作りたいやり方で
実現するため独立。

その大橋氏がつくった湯沸しです。
一般の方から富裕層の方まで
口コミだけで拡がっています。

独立してからご注文も途切れることがない
大橋氏ですが、職人.comにご応募いただき
販売させていただくことになりました。

ぜひぜひご覧下さい。
鎚起銅器の湯沸し
http://www.shokunin.com/jp/ohashi/yuwakasi.html?newitem



名称未設定-2
年末から正月にかけて、ひとりシステム変更や
デザインの修正などに没頭しました。

自分なりにはすっきりと使いやすくて
デザイン的に気に入りました。
またカート内をくまなくチェックしていくと、
たくさんありました、修正すべきところが。

それを一個一個、やっています。
すごく楽しいです。
今日も土曜日なのに一日中パソコンに座ってます。

一体どこをいじってるの?
っていうぐらいの細かいところばかりやってますが、
ここが根幹だと思いますので
これでもかというぐらい仕上げてます。

仕事って二通りありますね。
外に出て感性を磨くという仕事、
中に入りひたすら細かいことをやっていく仕事。
どちらも大事なように思います。

特に堅実に成功されている京セラやユニクロの
創業者などは全部に口出しするぐらい細かい。
僕もそうなりたいなと思います。
博打みたいな商売の仕方はしたくない。
堅実に、着実に、失敗から学びながら。

てことでリニューアルのご感想など
何でも教えて下さい!!感謝します!
http://www.shokunin.com/



img3[1]
新潟は燕市にて、玉川堂で修行されたのち
独立された大橋保隆氏が加わりました。

大橋氏は、一枚の銅板から手でつくり上げるという
手法にこだわり、デザインと機能を兼ね備えた
大変美しいカップを作られています。

今回、こちらのカップを代表の櫻井と共に作りました。
試作を重ねた末にたどり着いたのは
7年前に大橋氏が作られて、
毎日のように使用されていたピーナッツのように
可愛い形をしたカップ。

これをベースに職人.com限定で
オリジナルの形で製作してもらうことができました。

7年前のものと比べて、
飲み口も大きく、持ちやすく、くびれがよりセクシーになり、
また少し軽くなっています。

万人に愛される形で、まさに毎日使用していただけます。
ビール、アイスコーヒー、アイスティ、麦茶、お水。
冷たいものなら何でも。

img2[1]
入れた途端、一気に冷えますので、
ビールも冷たさが大変長持ちします。
私も飲みましたが、きりっとしてとても美味しかったです。
銅イオンには殺菌作用もあります。

ぜひぜひご覧下さい。
大橋保隆氏完全手作り 鎚起銅器のカップ(当店限定販売品)